2014年9月13日土曜日

9月19日からFacebook広告でキャンペーンのアーカイブ機能が使えるようです。

Facebook広告を使っているとキャンペーンの数が多くなることってありますよね?

一つのアカウントで複数のFacebookページを管理して、
そのキャンペーンを複数運用するとかなり多くなってきてしまいます。
Page Likes、Video View、Post Engagement、Website Clicks・・・などなど。

で、そのキャンペーンが終わった後も管理画面には一覧表示されてしまうので、
ちょっと毎回見難くて困るな・・・と思っている方もいらっしゃることと思います。


朗報です。


9月19日からキャンペーンのアーカイブ機能が実装されるようです!!!



さすがに一度実施したキャンペーンを削除するのは気が引けていたので、
アーカイブ機能を使って古いキャンペーンは隠せるのは助かります。

これでFacebook広告の運用もさらに気持ちよくできるようになりますね。

2014年9月2日火曜日

GoogleAnalyticsにおいて、AdWords経由のトラフィックに独自のUTMを付与したい場合の設定について

オンライン広告からの効果を測定したい際に、UTMコードを設定して、GoogleAnalyticsでトラッキングするという手法は一般的に使われています。

ただ、それを実施する際の注意点として、クリック数と訪問数は一致しないよ、ということは以前のブログで言及させて頂きました。


-----

通常、GoogleAdWordsを実施すると、GoogleAnalytics上では自動的に設定がなされるので、Campaignタグをクリックすれば、"google / cpc"という参照元/メディアが付与されます。

ただ、時々、非常にまれに、Google経由のトラフィックに関しても、自ら付与したUTMで管理をされたという広告主様もいらっしゃいます。複数のサプライヤーにお願いしているので、それぞれを区別して管理したいと。(通常、私はオススメしませんが。) https://pubads.g.doubleclick.net/gampad/ads?sz=640x480|640x480&iu=/12536125/OtoBlog_ArticlePage_outstream_forvast&impl=s&gdfp_req=1&env=vp&output=vast&unviewed_position_start=1&url=[referrer_url]&description_url=[description_url]&correlator=[timestamp]

そんな広告主様には、以下の設定をお伝えすれば可能になります。


英語で使われている方は以下のスクリーンショットをご確認下さい。


原則的には、gclidを優先するものですが、そこを何とかして変えたいという方のみ、この設定を使われると良いかと思います。こんなマニアックな機能の解説を記事に残して頂いて、運営堂さんのきめ細やかなおもてなしの心には感服致します。

以上、マニアック情報の更新でした。

醤油では納豆のタレの代替にならない。では、何を使えば良いのか?

本日、9月2日は、今年最後のベトナムの休日です。

そんなわけで、たまにはブログを更新しようかと思います。

-----

小堤家では、納豆をよく食べます。
日本のスーパーで売っているほぼ全種類は制覇したのではないかと思うほどです。

そんななか、時々、「納豆のタレ」なるものがついていない納豆に出くわすことがあります。ベトナムでも納豆は手に入るのですが、納豆オンリーのものしかありません。
※ベトナムでは、冷凍された日本の納豆が手に入るのですが、1パック100円以上という信じられない値段になっております。日本だとおかめ納豆が3パック分買ってもお釣りが来てしまうほど・・・。

こういうタイプの納豆ありますよね。
このタイプの納豆があると、普通に醤油だけを味付けに使って食べるわけですけど、やっぱりいつもの納豆のタレと味が違うので、「なんか物足りない」という気分になってしまうわけです。醤油では、「納豆のタレ」の代替品にはならないということかーーっ!!!


わざわざ「納豆のタレ」を買うのもアレですし、自分で簡単にあの味を再現できないものか。ということでたどり着いたのが・・・
本つゆです
しょうゆだけだと、ダシのうまみ成分が足りないのでしょう。しかしながら、この本つゆのみをかけるだけでも、あの「納豆のタレ」を再現することが可能です。

最初は、「醤油+本つゆ+みりん」という組み合わせタレを作っていたのですが、ちょっと面倒なのと、本つゆだけでもOKなので最近はこれだけで食べてます。

黄金の輝き

さぁ、美味しい納豆ライフを楽しみましょう。