2014年9月13日土曜日

9月19日からFacebook広告でキャンペーンのアーカイブ機能が使えるようです。

Facebook広告を使っているとキャンペーンの数が多くなることってありますよね?

一つのアカウントで複数のFacebookページを管理して、
そのキャンペーンを複数運用するとかなり多くなってきてしまいます。
Page Likes、Video View、Post Engagement、Website Clicks・・・などなど。

で、そのキャンペーンが終わった後も管理画面には一覧表示されてしまうので、
ちょっと毎回見難くて困るな・・・と思っている方もいらっしゃることと思います。


朗報です。


9月19日からキャンペーンのアーカイブ機能が実装されるようです!!!



さすがに一度実施したキャンペーンを削除するのは気が引けていたので、
アーカイブ機能を使って古いキャンペーンは隠せるのは助かります。

これでFacebook広告の運用もさらに気持ちよくできるようになりますね。

2014年9月2日火曜日

GoogleAnalyticsにおいて、AdWords経由のトラフィックに独自のUTMを付与したい場合の設定について

オンライン広告からの効果を測定したい際に、UTMコードを設定して、GoogleAnalyticsでトラッキングするという手法は一般的に使われています。

ただ、それを実施する際の注意点として、クリック数と訪問数は一致しないよ、ということは以前のブログで言及させて頂きました。


-----

通常、GoogleAdWordsを実施すると、GoogleAnalytics上では自動的に設定がなされるので、Campaignタグをクリックすれば、"google / cpc"という参照元/メディアが付与されます。

ただ、時々、非常にまれに、Google経由のトラフィックに関しても、自ら付与したUTMで管理をされたという広告主様もいらっしゃいます。複数のサプライヤーにお願いしているので、それぞれを区別して管理したいと。(通常、私はオススメしませんが。) https://pubads.g.doubleclick.net/gampad/ads?sz=640x480|640x480&iu=/12536125/OtoBlog_ArticlePage_outstream_forvast&impl=s&gdfp_req=1&env=vp&output=vast&unviewed_position_start=1&url=[referrer_url]&description_url=[description_url]&correlator=[timestamp]

そんな広告主様には、以下の設定をお伝えすれば可能になります。


英語で使われている方は以下のスクリーンショットをご確認下さい。


原則的には、gclidを優先するものですが、そこを何とかして変えたいという方のみ、この設定を使われると良いかと思います。こんなマニアックな機能の解説を記事に残して頂いて、運営堂さんのきめ細やかなおもてなしの心には感服致します。

以上、マニアック情報の更新でした。

醤油では納豆のタレの代替にならない。では、何を使えば良いのか?

本日、9月2日は、今年最後のベトナムの休日です。

そんなわけで、たまにはブログを更新しようかと思います。

-----

小堤家では、納豆をよく食べます。
日本のスーパーで売っているほぼ全種類は制覇したのではないかと思うほどです。

そんななか、時々、「納豆のタレ」なるものがついていない納豆に出くわすことがあります。ベトナムでも納豆は手に入るのですが、納豆オンリーのものしかありません。
※ベトナムでは、冷凍された日本の納豆が手に入るのですが、1パック100円以上という信じられない値段になっております。日本だとおかめ納豆が3パック分買ってもお釣りが来てしまうほど・・・。

こういうタイプの納豆ありますよね。
このタイプの納豆があると、普通に醤油だけを味付けに使って食べるわけですけど、やっぱりいつもの納豆のタレと味が違うので、「なんか物足りない」という気分になってしまうわけです。醤油では、「納豆のタレ」の代替品にはならないということかーーっ!!!


わざわざ「納豆のタレ」を買うのもアレですし、自分で簡単にあの味を再現できないものか。ということでたどり着いたのが・・・
本つゆです
しょうゆだけだと、ダシのうまみ成分が足りないのでしょう。しかしながら、この本つゆのみをかけるだけでも、あの「納豆のタレ」を再現することが可能です。

最初は、「醤油+本つゆ+みりん」という組み合わせタレを作っていたのですが、ちょっと面倒なのと、本つゆだけでもOKなので最近はこれだけで食べてます。

黄金の輝き

さぁ、美味しい納豆ライフを楽しみましょう。

2014年3月14日金曜日

日本語キーボードが英語キーボードに勝手になってしまった時の対処法

いま、Windows8を使っているのですが、突然、日本語キーボードではなく、英語版のキーボードになってしまっている時がありました。どういう現状かといいますと、「半角/全角」ボタンを押すと「'」が出てくるんですね。

見た目は当然日本語キーボードなのですが、実際は英語キーボードになっていて、日本語キーボードに記載されている文字を打っても、それが表示されないということなんです。

日本語キーボードと英語キーボードの配列の違いについては、以下の記事をご参照頂ければと思います。

英語キーボードと日本語キーボードの違い


今まで日本語キーボードしか使ったのことがないので、突然英語キーボードになったら、全くもって仕事がはかどらない。これは危険だと思ったので、Google先生に幾つかの切り口で聞いてみたら、以下のトラブルシューティングが出てきました。

Windows 8 でキーボードが英語配列キーボードとして認識される

ちょっとだいぶ内容が深すぎて、自分だけでの解決は難しいですね。
分かりやすく手順が記載されていてよかったです。

ちなみに、なぜ英語キーボードとして認識されてしまうのか、その原因はわかりません。

2014年2月4日火曜日

広告が表示されなくなってしまった時の対処法。

この数日間ブログを更新していて気がついたのですが、ブラウザによって広告が表示されたりされなかったりする事象を発見しました。

以下はChromeでの表示です。ページ下部に2つ広告が表示されているのがお分かりになるかと思います。(1つはリタゲでガシガシ攻めてくるAdRoll様。もう一つもリタゲで攻めてくるMicroAdVietnam様でございます。)


それを他のブラウザで見てみると、以下の通り、広告がありません。なんてことだ!Internet ExplorerとSafariとFireFoxで検証済み。


バージョンや設定の問題かなと思って調べてみると、どうやらウィルスセキュリティソフトが広告表示をブロックしていた模様。。。私は無料のAvast!を使っていますが、デフォルトで広告の表示をブロックする機能が設定されているようです。以下はFireFoxでの表示。


「広告によるトラッキングをデフォルトでブロックする」を解除すると、広告が表示されるようになりました。(同時にコメント欄も表示されるようになった。)


さすがに他のブラウザはあまり使うことが無いので、Cokkies情報の蓄積があまりありません。そのため、ほとんどターゲティングされずに広告が表示されているのがよくわかりますね。

最後に、「なぜChromeでは表示されているのか?」という疑問が残りますが、それはシンプルで、Chromeの拡張機能(Extentions)でAvast!は有効にしていなかったからなのでした。

その他の事象として、以下の記事もありましたので貼り付けておきます。
FirefoxでGoogleアドセンスが表示されない状態になった

広告配信事業社にとっては、インベントリ・オーディエンスが減ってしまうことにつながってしまうので、デフォルトで広告をブロックする設定にされると困る所です。ユーザーが意識的にそれをしているのであれば良いのですが。

Google Tag Manager を Blogger に設置する際に発生するエラーについて

Google Tag ManagerをBloggerに設置しようとすると以下のようなエラーが発生して、ストップしてしまうことがあります。

The reference to entity "l" must end with the ';' delimiter.

何でGoogleが持っているBloggerに、GoogleのTag Manager使っているのにこんな問題が発生するんだ!というツッコミをいれたくなりますが、まあそれは置いておきましょう。

対応策については、以下のサイトに記載されていました。


GTMのソースを以下のように変更すれば、OKとあります。

j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src=

j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src=

&とlの間に「amp;」を入れるということですね。
※何でこうするとうまくいくのか?という技術的背景については、また後日勉強します。

これでこのブログにもGoogleタグマネジャの設置が完了!
あとはこれが機能しているかどうか確認して、いろんなものを突っ込んで行こうと思います。

「進出前から知っておきたい ベトナム事業運営マニュアル」の感想。

株式会社エスネットワークスさん(ベトナムではES NETWORKS VIETNAM CO., LTD.さん)には前職から大変お世話になっております。ベトナムに進出の際やその後の会計・労務でお世話になっている日系企業さんも多いかと思います。

そんなベトナムでの実績・経験を積まれているエスネットワークスさんが、が、「進出前から知っておきたい ベトナム事業運営マニュアル」という本を出版されました。今回この書籍を頂きましたので、簡単ではありますが、感想をまとめていきたいと思います。



■ベトナム進出前・進出後に知っておくべき点が網羅されている

中央経済社さんのサイトに目次が掲載されているのでぜひ見ていただきたいのですが、かゆいところに手が届くとはよくいったもので、私が前職で進出する際にぜひこれは事前に読んでおきたかったなぁという内容が満載です。

法人の設立スキームは当然として、かなり重要である「海外送金」に関する基礎的な内容、さらには意外と煩雑な個人所得税の話など、多岐にわたっています。現地で動き始めてからも、会計事務所・法律事務所にも何度か足を運んで相談したことがありますが、前提となる知識を持っていればより深い議論ができるのは間違いありません。

■ベトナムの実情に即した内容になっている

どの国にも特徴があって対処しなければならないことはあるかと思います。例えば、ベトナムでは、「一般的なライセンスは、規定上、申請受理からライセンス発行まで15営業日である」としていますが、「なかなか予定通りにいかないことが多いのでご注意頂きたい」と指摘しています。

「なんで?」というツッコミはあるかと思いますが、それはそれとして、規定通りに進まないことがあるということを前提にスケジュール感を組んでおいた方がいいということですね。

■その他のポイント

その他専門の他社さんと連携しているのも良いですね。労働・雇用事情に関してはG.A.コンサルタンツさん、不動産事情に関してはエヌアセットベトナムさんとの連携によって内容が作られています。また、表や図を多用しているので、とても読みやすい作りになっています。


実際、書籍に書いている内容を実行していくのは大変なところもあるので、その時にエスネットワークスさんに声がかかる仕組みになるのだと思いますがw ベトナムにてマネジメント層として、会社運営の全般に関わっている方は一度目を通されると良いかと思います。以上、ご参考まで。

2014年2月2日日曜日

【メモ】Twitter × Retargeting やってたのね。。

ベトナムではTwitterは使われていなくて、Facebookがメインのソーシャルネットワークになってくるわけなので、日本にいた時よりめっきりTwitterは使わなくなってしまいました。もちろん未だに使っていますけど、時間の割合で言うと、LinkedIn>Facebook>Twitterという感じになってきています。日本にいた時は、Twitter>Facebook>LinkedInだったかな。
※LinkedInの時間が伸びてきているのは、採用や営業など仕事上のツールとして活用しているからです。

で、先の記事でAdRollについて触れましたが、その後Twitterを訪れたら見事に彼らにリターゲティングされていたので驚きました。


少し検索してみると普通に12月5日のTechCrunchで記事になっていたとは。。。12月からドタバタし始めたとはいえ、もう少し情報キャッチアップしないとあかんですね。反省。

Twitter Is About To Officially Launch Retargeted Ads [Update: Confirmed]
Twitter Announces “Tailored Audiences” For Ad Retargeting
ツイッター上でリターゲティングできる「tailored ads」

1つ目の記事で触れられているように、通常、モバイルではCookiesが使えないので、TwitterではPCでのCookies情報をモバイルに活用してリターゲティングを可能にしているとのこと。なるほど・・・。早速Android端末のTwitterアプリを立ち上げてみると確かに出てる。。。


うまいこと考えますねぇ。

で、このツイッターリターゲティングは、Adara, AdRoll, BlueKai, Chango, DataXu, Dstillery, Lotame, Quantcast, ValueClick, [x+1] で使うことができるようです。


【メモ】広告リンクのクリック数はGoogle Analyticsの訪問数と一致しないよというお話。

ネット広告を配信する際に、リンクにUTMコードを入れて、そのリンク経由でのアクセスをGoogle Analytics上で見られるようにすることはよくあることかと思います。Google先生も以下のようなツールを提供されています。
URL 生成ツール

そこでよく聞かれることがあるのですが、「広告のクリック数と、Google Analytics上でのその広告経由での訪問数が違うけど、何でですか」と。はい。違います。定義や計測の仕方が異なるからですね。
クリック数、訪問数、ユーザー数、閲覧開始数、ページビュー数、ページ別訪問数の違い
AdWords とアナリティクスでウェブサイトのデータに矛盾がある


他のサイトでも、違いはどうしても発生してしまうんですよーと説明されていますね。
How to Analyze AdWords Clicks vs Analytics Visits

Google AdWordsのクリックとGoogle Analyticsの数値比較は違うよという記事は多いですが、当然他の広告プラットフォームでもその数値は異なります。先の記事で登場していただいたAdRollさんでも以下のように言及されています。
Data Discrepancy Between AdRoll and Google Analytics

「何でこんなに数字が違うの?」という時は、UTM Tracking URLがうまく生成されていないのかもしれません。また、Google Analyticsのタグ設定がうまく行っていない可能性もあるようです。

【メモ】Amazon × Facebook Exchange

Amazonで見た商品の広告が、Facebookで表示されるようになっていたんですね。

具体的には・・・
今日ちょっと調べ物をしていてAmazonにて、DRiVEという書籍(ダニエル・ピンクのモチベーション3.0です)のページを見ました。で、この本はを買わずに去ったわけですけど、その後Facebookにアクセスすると以下のようにDRiVEの広告が表示されていました。


Facebook Exchangeでのリターゲティングは、「We are Retargeting you!!」のAdRollが有名ですね。Amazon.com側でもこれが活用されると、今後たまたま見たページもリタゲされるとちょっと困りますが、現在はAmazon.co.jpの方では使われていない(?)ようなのでまだ良いとしましょう。

ちょっと調べたらこんなソース見つけました。この続編無いのかいな。
Could Amazon Be Getting Facebook Exchange Access, Too?

こういう記事もありましたね。
FacebookはユーザーのAmazonカートに入った商品が何かを知っている