2009年12月25日金曜日

ユナイテッドピープル代表、関根健次の本ができました


わが社ユナイテッドピープル株式会社の代表、
関根健次の書籍が完成しました。



安定していて、とてもお世話になった会社を辞めてまで、
「この人と一緒に働きたい」と思った熱い男の出版なので、
喜びもひとしおです。

彼自身、なぜイーココロ!をやっているのか、
今後どういう方向に進んでいきたいのか、
その熱い思いが綴られています。

ぜひ、ひとりでも多くの人に読んでいただきたい本です。


2009年12月14日月曜日

TEDxSeeds2009 無事閉幕。


やっとブログ書く時間確保できました。。。

最近ずっとコミットしてきました、
TEDxSeeds2009が閉幕しました。
※写真、一番左でTを持っているのが僕ですw

11月の個人事業と重なってこちらも業務の量が増えて、
平日の細々とした時間や、休日を活用して、
何とかやりくりして終了までコミットすることができました。

正直なところ、自分自身がこのチームの中で、
「自分だからできること」をどこまで提供できたのか、
結構疑問なところはあって悔しい側面もあるわけですが、
とりあえずは滞りなく?無事閉幕することができて一安心です。

こういったプロジェクトに参加する方々というのは、
とても前向きで優秀な人が多いので、
一緒にお仕事をしていてたくさん学ぶことがあり、
気持ちよく進めていけるのが何よりも楽しかったです。

これは大学時代から気がついていたことなんですが、
こういうイベントが終わった後の達成感というよりも、
このイベントを創り上げていくプロセスが僕は好きなんですね。

既に次の2010に向けて動き始めようとしています。
次回はどこまで2009を超えることができるのか、楽しみです。





今後も様々なプロジェクトにコミットすることにより、
自分自身の経験の幅を広げ、より多くの人に貢献していきたいと思います。

※次のプロジェクトは、今週の土日合宿を皮切りに動き始める予定です。

2009年12月4日金曜日

TEDxSeeds開催目前!!


うお-、眠いー。
今日はミーティングしながら寝そうになったー。

でも告知しなければー。

えー、ここ数ヶ月おもに休日コミットしてきた、
TEDxSeedsの開催が目前まで迫りました!!

申込はもうパンパンで受け付けられないのですが、
当日の映像は後日ウェブで配信します。

僕は会場関係のことをいろいろやっています。

11月から個人事業になって、
業務量が激増したのを待っていたかのごとく、
TEDxSeedsの業務も増えてきて、
最近は自分がもはやどこの仕事をしているのか
わからなくなってきますが、
12月12日が過ぎれば少し落ち着くのかなと期待しています。

たぶん、期待は裏切られると覚悟しています。

とりあえずは年越しまで走り続けます。

2009年12月2日水曜日

メモリ増設した

ひさしぶりにゆるい投稿です。

僕は自分のPCは
を使っているのですが、かなり遅いです。

特に複数のアプリケーションを起動したとき、
ありえないほど重くなるので困っていました。

考えてみたら、初期のスペックが、メモリ512MB。
そりゃあかんですよね。

DropBoxとか、
ウィルスセキュリティソフトとか、
複数ブラウザ同時立ち上げとか、
いろいろやるには弱すぎる。

というわけで、1Gメモリ増設しました!
増設の方法については、
I-O DATAの説明がとてもわかりやすいです。

というか、こんなに簡単だったのですね。
もっと早くやっておけばよかった。。。

おかげさまで、たくさんアプリケーション起動させても、
さくさく動いております!!

2009年11月16日月曜日

10/25に受けたTOEICの結果

TOEIC受験、第2回目の結果が出ました。

--------------------
LISTENING:340
READING:330
⇒TOTAL:670
--------------------

今年の目標:650を突破しました。
ほっと一安心です(笑)

ちなみに、前回は以下でした。
--------------------
LISTENING:305
READING:240
⇒TOTAL:545
--------------------

リーディングセクションが大きく伸びました。
試験中、大学受験の感覚をだんだん取り戻してきたのが、
よい結果に結びついたのだと思います。

逆に、リスニングに結構時間を費やしたのですが、
そこまで伸びませんでしたね。。。
もうしばらく時間がかかるのだろうか・・・。

2009年11月10日火曜日

アメーバピグを体感してみた


今日は、アメーバピグを体感してみました(笑)

かなりゆる~い感じの仮想現実といったところでしょうか。

ユーザーが爆発的に増えるのもうなづける。

写真撮影もできて、これはすごいですね。

みなさまも一度体感してみてはいかがでしょうか?

2009年10月24日土曜日

【4日目】イスラエル・パレスチナへの訪問

最近体調がよろしくない小堤です。

最終日の4日目の報告です。
日別にすると結構時間かかっちゃいましたね。。。
一つの投稿で要点をまとめた方がよかったかもしれない。

--------------------

朝から車で移動しまして、JICAの活動を見学に行きました。
JICAのJERICHO(ジェリコ、イェリコ)での支援活動です。



現地では、ビニール栽培や農業の技術を教えていたり、
ゴミ処理場の運営を実施していたり、
トラックなどの重機を提供していたり、
土地を購入して企業がそこに進出して活動できる準備をしていたり・・・。
(→企業が全く来ていないので、その土地は全く使われていない。。。)
結構、色々たくさんやっていました。



うーん。箱より先に誘致するために何かできることがあったのでは・・・?
と批判的に考えてしまったりするわけですが。

最後は死海に行きました。
地理・歴史の教科書で見た死海を体験できたのは貴重でしたw



こんな感じで本当に浮かびます。
少しなめてみましたが、苦いくらいにしょっぱい。
足元には、握りこぶしくらいの塩の結晶が転がっていました。



全く波が無いので、向こうの山々が鏡のように映っています。
最初はイスラエルに来て死海も体験できるとは思ってませんでした。
テルアビブ、エルサレム、死海、観光資源が意外と多い。

--------------------

と、4日間分にわたって現地報告を書いてきましたが、
日本で聞く「危ない」というイメージとは、
違うイメージを皆さんに持っていただけましたでしょうか?

もちろん、今回の訪問先は安全な場所を選んでいるので、
当然といえば当然なのですが。ガザはもっと違うと思います。

現地の写真は僕のPCの中にたくさんありますので、
興味を持った方にはお見せしますのでご連絡下さい!

--------------------

最後のおまけ。
韓国の空港で晩御飯食べてきました。
日本円にして約600円かな。安い。

2009年10月21日水曜日

【3日目】イスラエル・パレスチナへの訪問


だいぶご無沙汰になってしまいましたが3日目です!

1日目、2日目とかなり重いコンテンツでしたが、
3日目はかなりゆるい感じのスタートになります。

まず訪れたのがテル・アビブです。
エルサレムと比較してこちらは都会です。
というか、リゾート地です。
下の海は地中海ですし。


2日間で、イスラエルのイメージは日本にいた時のイメージと
比較して完全に変わったわけですが、
テルアビブに来たときも「こんな場所あるの!?」と驚きました。


この海岸沿いにある建物の内側は以下のように、
レンガで固められていて中が迷路のようになっています。
いたるところに画廊があって、
アーティストな方々が自分の作品を飾っていました。


さらには、ホテルのトイレで勝手に着替えて、
砂浜に出て泳ぎ始めました。地中海、初体験でした。


スタッフの一人が言っていました。

「こういう日常が普通と思って生活していて、
 突然自爆テロが起こったら、
 されたほうとしてはたまらないよな。
 するほうにもその背景があったとしても。」

なるほど。
外国人である第三者として、自分は、
両方の視点を少しでも感じられたのだろうか。


さて、その日の夜は、

スタッフの方から、ガザの状況や、
こちらで実施しているプログラムについて説明を受ける。


日本では、事前にフェリシモさんから、
ハッピートイズをいただいていたので、
子ども達に渡していただくことになりました。

→全員でぬいぐるみと一緒に記念撮影(笑)

この日の夜も美味しいご飯を食べて、
みんなで水タバコを吸って、ホテルに帰りました。

なぜかホテルでは3人で酒を飲みながら語り、
イスラエルで2日連続で3時間睡眠という偉業を成し遂げました。

次の4日目が最終日になります。

日本の貧困率は15.7%


イスラエル旅行日記が止まっていますが、
3日目と4日目は近日中に更新しますので。。。

今日は厚生労働省が公表したデータについて。


今までは「ジニ係数」っていうもので、
経済格差については論じられてきましたが、
貧困率というかなりエグイ名前のものもあったんですね。

OECD諸国では数値が出ているようなので、
比較してどういう位置にいるのか全体像を把握したいですね。

2009年10月17日土曜日

wuauclt.exe のメモリ削減の件


またPCが重くなったので調べたら、

「wuauclt.exe」

がメモリを食いつぶしていました。

調べてみると、以下の記事が参考になりました。


ウェブ上には大抵の情報があるので本当助かりますね。

2009年10月15日木曜日

ウイルスバスターのTMBMSRV.EXEが原因でPCが激重くなる件。


学生時代から使っているので、
ついそのまま惰性で使い続けるのはよくないなと思いました。。。

ウイルスバスターの最新版をインストールしたら、
めちゃくちゃPCが重くなりました。

原因は何かと調べてみたら
「TMBMSRV.EXE」がCPU使いまくっていました。

そこで検索して、「Linuxを使いましょ
というブログを書いている方の記事のおかげで助かりました。

Realplayerとの相性が悪いとは。。。

何とか解決したので一安心。
みなさまにも共有しますー。

2009年10月12日月曜日

森永製菓さんのコーズマーケティング

イーココロ!の企画で、ピース・インタビューがあります。

こちらにて、森永製菓さんのコーズマーケティングについて、
お話を伺ってきたので、共有します。


【導入】
森永製菓と聞いて思い浮かべるものといえば、
「森永チョコレート」や「ダース」。
同社は “おいしく、たのしく、すこやかに”をビジョンに、
「世界の子どもたちに貢献できる企業」を目指している。

その森永製菓が、初の国産チョコレート誕生90周年をきっかけに、
チョコレートを1つ購入するたびに1円が世界の子どもの
教育活動支援に寄付される「1チョコ for 1スマイル」を開始した。

毎回寄付金額は1000万円を超え、
まさにチョコレートが世界の子どもたちの笑顔を生み出している。
このプロジェクトの概要や、今後の展開について、
担当の櫻木さんにお話を伺った。

是非、読んでみてください。

2009年10月7日水曜日

セカイカメラが面白い。


セカイカメラって、知っていますか?

iPhoneユーザーじゃないと使ったこと無いと思いますが、
なかなか面白いので、ご紹介。

簡単に言うと、iPhoneのカメラを通して、
いろんな人がいろんな場所につけた「タグ」を
みたりつけることができるものです。

詳細は以下の記事か動画を参照してくださいな。





実際使っていると、
タグが表示されるまでの時間が結構かかるのと、
一人でやっていると動画撮っているんじゃないかと
周囲から白い目で見られるのが辛いところですw


でも、こういうクリエイティブなアイデアっていいですね。

2009年10月2日金曜日

【2日目】イスラエル・パレスチナへの訪問

向こうから帰ってきて休み無しで今週働いたので、
さすがに疲れましたねー。
今日はぐっすり寝て休もうと思います。

-----
さて、2日目です。

最初の訪問先はJUST VISIONという団体。
イスラエルとパレスチナ双方の対話を促す場をデザインしたり、
映像をとってウェブ上で公開している。

↑JUST VISONのスタッフと関根さん

一番印象に残っているのが、
日本人がJUST VISIONに対して、
どんな手伝いができるのかという質問があったとき、

「私たち」を助けようと思わないでください。
サポートが必要なのは、現場の人達です。
私たちはチャネルに過ぎないのだから。

という返答があったことです。
市民活動の原点を垣間見た瞬間でした。
小堤の「アツい!」スイッチが入りました。

次に訪問したのが、G.ho.stという
イスラエル・パレスチナが共同で働くITベンチャー。


2人とも大手の会社出身だったり、
自分の事業を売却しているかなりのツワモノ。

事業を拡大して、雇用を生み出す!
ベンチャーマインドはかっこいいですね。


JUST VISIONとG.ho.stはアプローチは
全く異なりますが、両方とも必要不可欠だと思います。

傷つきあった双方の対話を促す場は必要ですし、
一方で、ビジネスの成長を目指して、共に働く場も必要でしょう。

次は、ホロコースト博物館「ヤド・バシェム(Yad Vashem)」へ。


ナチスによるユダヤ人虐殺の全貌がここでわかります。
時間がたりず、後半のほうはだいぶ飛ばしながらでした。

以前、カンボジアのトゥール・スレン博物館にも行きましたが、
そこでも感じたのですが、
「なぜこんなことができるのか」と
「じゃあ、当時、自分がその立場ならどうしているのか」
を行ったりきたりして考えてしまいます。


次は、西エルサレムの市場に行きました。

東南アジアの市場は海鮮系・野菜系など、
どちゃーっと広がってものすごい盛り上がりですが、
こちらにはだいぶ落ち着いた印象を受けました。

2日目にまわったのはこんなところです。
夜はホテルで皆で飲みました。
イスラエルにまで来て深夜まで飲んで3時間睡眠でした。

-----
1日目は衝撃的でしたが、
2日目はとても考えさせられた・頭を使った1日となりました。
(もちろん聞きなれない英語を半日聞いたのもある)

イスラエルとパレスチナは争ってばかりのイメージがありますが、
その側面ももちろんありますが、
一方でこのように未来に向けて活動を行っている人もいます。
JUST VISIONとG.ho.stの活動がもっと広がっていくことを祈ります。
僕は僕で、日本の課題に挑みたいと思います。負けてられない。
-----

さて、最後にオマケ。
以下のマンションは、いわゆる「億ション」。

エルサレム付近で最も高い建物でした。
誰が住むんだろうか・・・?

2009年9月30日水曜日

【1日目】イスラエル・パレスチナへの訪問


あまり時間がたってしまうと、行った場所を忘れてしまうので、
早めに少しずつこの場を通して報告していこうと思います。

日本では、向こうの危険なイメージしかないので、
現地を訪れた者の義務として、どういう状況なのか、
写真を交えながらお伝えできればと思います。

記憶をたどりながらなので、
数日後に若干修正入れたりするかもしれません。
この点、ご了承下さい。
----------------------------------------

旅立ったのは22日の火曜日のお昼。
韓国経由で、イスラエルのテルアビブ空港へ。
合計14時間の飛行機はしんどいです。。。

空港についてから、パスポートチェックがありましたが、
僕は観光客っぽいので(事実そうだが)すんなり通れました。
ただ、イスラエルに留学や何度か来ているスタッフがいたので、
彼女はなかなか通れず尋問され、結局5時間後に解放されたとのコト・・・。
しょっぱなからかなりビビりました。

僕らが拠点を置いたのは、
NEW PALM HOTELというホテル。

現地に着いたのが深夜だったので、
ホテルに到着したらすぐに皆休みました。
(尋問されたスタッフは、深夜にホテル到着。)
----------------------------------------

1日目。腹が減っては戦ができぬということで、まず朝食を。
ナンみたいなパンの中に野菜とか肉を挟みます。
これがうまい!ファラフェルという名前だったハズ。
「腹減るならファラフェル」と覚えました。














最初に訪問したのは旧市街。
イスラム教、ユダヤ教、キリスト教の聖地と言われています。
以下の写真はかの有名な嘆きの壁です。














ツアー客がかなり多くて、まさかここまで観光地化しているとは
思いませんでした(そんなのに関係なく、壁に向かって祈っている人達)。

かなりはしょりますが、次はベツレヘムへ行き、
市場や協会関係を見てきました。

その次は、ヘブロン。
パレスチナ側で、うちの社長の知り合いの知り合いの知り合い
当たりの人に色々案内をしてもらえました。

以下の場所では、イスラエル側と小競り合いがあったか何かで、
パレスチナの方が銃殺された事件があった場所。
この写真を拡大するとわかるのですが、
奥の木の方に兵士がいて、こちらを監視しています。
ここにお墓を立てようにも入ることができないそうです。














このような場所を複数案内してもらいました。
旧市街とは全く違う雰囲気に驚きました。
こんなに近い距離で緊迫している場所が存在しているとは。















スタッフの一人が言っていた「既成事実化」が印象に残っています。
少しずつパレスチナ側に入っていって土地を奪って、
ずーっといたかのごとく居座る。
これによって、既成事実化できるんだなと。
「ここは俺達の土地だ」と。

そして、以下は分離壁。
イスラエル側とパレスチナ側を分断する壁。
その大きさと分厚さに、何とも言えない、
重い圧迫感を感じずにいられませんでした。














その後、この壁を通るために検問所を通過します。
ここで、壁の内側に入って写真撮影をしていたスタッフは、
検問を通る際に、兵士にその写真を削除されてしまいました。

監視カメラで見ていたとのコト。
通常、旅行していて写真を消されるなんてことは無いので、
この場面でもかなり驚きました。


夜は、イスラエルの表参道的な位置づけの繁華街で
お食事をしてホテルへ戻りました。
こうやって1日目が終わります。















今、こうやって振り返ると、
初日から衝撃的な現実を見てきたんだなと、改めて思います。
現地では実感できていないことも、
帰国してから写真や動画を見ながら
自分がそのとき何を感じたのか振り返ると、
色々感じていたことが思い出されます。

僕の場合、すぐに感想が出てこないので、
こうやって振り返りながら意味を考えた方がいいタイプですね。
というか、イメージと現実とのギャップと、
場所が変わるだけでかなり違う現実を見せられるギャップ
の2つに脳の処理が追いついていないんですな。

それでは。

2009年9月27日日曜日

帰国しました


イスラエルより無事帰国しました。

どこにいって何を感じたかは、

また後日報告させていただきます!


とりあえずの報告でした。

2009年9月24日木曜日

イスラエルのホステルより


ども、小堤です。

こちらイスラエルのホステルです。

無線LANがつながるので、ブログ更新です。


とはいえ、眠いので、更新を終わります。

とりあえず、無事過ごしています。

2009年9月21日月曜日

イスラエル・パレスチナへ行ってきます。


明日、会社の仕事というか、現地の視察といいますか、
イスラエル・パレスチナへ行ってきます。

向こうでネットは全然つながるので、
ちょくちょくtwitterやブログで現地報告できればと思います。

しばらく携帯電話がつながりませんが、
日曜日の夜に戻ってきますので。

それでは、また。

Zoffのコーズなキャンペーン2


「Zoffのコーズなキャンペーン」という記事を書いた後、
新しく今度は、「わたし“メガネ”出すわ」キャンペーンを実施する情報を
キャッチしました。


この「わたし出すわ」という映画は、
完成試写会にお呼び頂き、結構前に観ていました。
この映画に絡めたキャンペーンを考えましたが
なかなか思い浮かびませんでした。


で、このZoffのキャンペーンです。
うまいなぁ。。。

「アイデアとは、既存の要素の組み合わせ以外の何物でもない」

という名言を思い出しましたよ。

2009年9月18日金曜日

寄付型商品(コーズマーケティング型商品)に関するアンケート調査

弊社でアンケート調査を実施したので、共有しますー。
今回は、Causebrand Lab.との共同調査です。



1.最も有名なコーズマーケティング型商品は、Volvicの「1L for 10L」
「寄付につながる商品(キャンペーン)」について理解度を調べたところ、「Volvic(1L for 10L)」で53.4%と、2位以下を大きく引き離して知られていることが明らかとなった。これは他の商品と比較すると、取り組みの歴史の長さやTVCMなどの実施から、このようなスコアになったと思われる。また、「知っているものはない」との答えが28.9%と、いまだこのような商品を知らない消費者が3割近くいることも明らかとなった。

2.商品を知った場所は、テレビ・店頭・インターネット
商品を知った場所は、「テレビ」が60.4%と圧倒的に高く、次いで、「店頭で見つけて」が37.5%、「インターネット」が35.7%となり、これらの場所が商品PRの場所として効果の高いことがわかった。

3.購入した理由は、寄付につながる方が良いから
コーズマーケティング型商品を購入した理由は、「似た商品を購入するなら寄付につながる方が良いと思ったから」が50.1%と最も高く、2人に1人はコーズマーケティング型商品を選んで購入していることが明らかとなった。

4.コーズマーケティング型商品で最も重要なのは、わかりやすい情報公開
このような商品で重要なことについて調べたところ、「情報公開(寄付金額や活動報告)をすること」が69.1%と最も高く、次いで「社会貢献につながっている様子をわかりやすく伝えること」が61.1%と、分かりやすい情報公開が強く求められていることが明らかとなった。

5.コーズマーケティングは、商品だけでなく企業のイメージアップにも貢献する
コーズマーケティング型商品を販売する企業について尋ねたところ、「良い印象」との回答が「悪い印象」との回答より高く、コーズマーケティング型商品が、商品だけでなく、企業のイメージアップにも貢献することが明らかとなった。

2009年9月17日木曜日

グローバル化ランキング。


「グローバル化ランキング」

なるものがあることを知りました。

スイスに「KOF」という研究所があって、
そこが発表している「KOF Index of Globalization」に掲載されています。

最新のランキングによると日本は70位。
 1位:ベルギー
 2位:アイルランド
 3位:ニュージーランド
となっています。


まぁ、
 ・何をもってグローバル化とするのか。
 ・グローバル化がいいことなのか。
という議論はあると思いますが・・・。

2009年9月14日月曜日

金融商品もコーズマーケティング?


小堤@目黒なうです。


仕事を通じてコーズマーケティング(寄付型商品)や、
社会貢献型商品についての調査を見たりしますが、
あんまり注目されていないのが、ワクチン債だったりします。

上記サイトだとよくわからないので、
ワクチン債の説明については、以下が分かりやすいです。


たぶん、あまり注目されない背景としては、金融商品ということで、
世の中的にどう定義したら良いのかわからないのかもしれない。
大手NGOは投資会社の寄付を受け付けなかったりするし。
あとは、僕のように投資するお金がないとか。(・・・お前と一緒にするなって??)


要約すれば、
途上国にワクチンを配布するために、お金を先に集める。
そして、その後は時間をかけて、寄付金から返却する。
ということなんでしょう。

ファンドレイジングの1つのツールとして、
債券を使うという手法なんですね。


お金を先に手に入れて、一人でも多くの命を救う。
既存の資本市場のフレームを活用したすごい方法だな。

マイクロファイナンスもあるように、
こういう途上国支援の場にどんどんファイナンスの概念が
入っていくんだなぁと実感しています。

こういうのが成立するのであれば、ムハマド・ユヌスが言うような
Social stock market(社会証券市場)の成立可能性も高いと思う。
※このあたりの説明については、cloudgrabberさんのブログを参照。

Zoffのコーズなキャンペーン

僕はメガネをかけているわけですが、
よく購入するのがZoffです。今のところ、3回連続です。

そんなZoffが、いつの間にコーズなキャンペーンを実施していました。


いらないメガネを持っていくと、1,000円分のギフトカードがもらえる。
そして、そのメガネはNPOに寄贈されて、メンテナンスされた後に、
途上国の必要な人の元へと届けられるという。

Zoffにとっては、イメージが良くなるのはもちろんですが、
Zoff以外のユーザーにも1,000円分のカードを渡せるので、
競合からユーザーをとってこられる可能性があるということで、
かなりメリットがあるキャンペーンなんじゃないでしょうか。

期間は7/25~8/31のようですが。。。

2009年9月9日水曜日

日経新聞にちょっと出ました。


本日、日経の朝刊に少し顔が出ましたw

例のTOEIC600点を目指す勉強会を主催している、
勉強カフェの紹介です。

最近結構、メディアに露出しているみたいですね。
社長!頑張ってください!!






2009年9月6日日曜日

四季の実 表参道店に行って来ました。オススメ!


最近、だいぶ涼しくなってきました。

さきほど、入り口のドアを開けたらコオロギがいて、
ピョンピョン飛んで逃げていきました。
(最初ゴキブリかと思ってびびりましたが。。)

秋ですねぇー。



さて、この土日の間に「四季の実 表参道店」に行ってきました。
僕がいつも読んでいるブロガーさんが紹介していたのがきっかけです。

相方と「あぶり餅」と「牛皮のなんたら(名前忘れた)」を注文。
定番のあぶり餅は、皮がかりっとしていて意外な触感。
そして中はもちもち&あんこが入っていてとても美味しい!!!

















オリジナルのフルーティーな日本茶も美味しかった。

しかも値段がかなりお手ごろで、
あぶり餅とお茶のセットが400か500円くらいだった。
表参道で2人で食べて飲んでも1,000円いかないのはすごい。






















内装もすごくキレイなんですよね。

こちら、かなりオススメです。
一度お試しあれ!

場所は南青山5-9-12です!!

2009年9月4日金曜日

グーグルの財務分析


この記事でグーグルの簡単な財務分析がされていました。

お恥ずかしながら、ネット業界にいながらにして、
グーグルがどんな財務状況なのか知らなかったので、
いい記事を見つけてとてもラッキーでした。

しかしまぁ、ものすごい成長速度ですね。
売上220億ドルってなんですか。
しかもその大半がAdwordとAdsenseというのだから驚き。


まぁ、個人的に一番気になったのは、
キャッシュフローの解説にある
マトリックス図に出てくる謎のキャラなわけですが。


自分が気になった記事をネタにすると、
ブログの更新も続くなと思いました。

2009年9月1日火曜日

寄付と募金の違い


たまには、本業系のネタでも。

普段あまり意識して使い分けることがない
「寄付」と「募金」という言葉ですが、
googleで「寄付 募金 違い」で検索すると、
Q&Aコミュニティでのやりとりがたくさんでてきます。

【募金】広くお金を募るということ
【寄付】募金に対してお金を提供する行為

上記のような定義は全くその通りで、なるほどと思います。
漢字から意味を再考するのって、大切ですよね。


さて、以下は、僕がとある大手NGOの方に聞いた定義です。
これは寄付税制に焦点を当てると、とても納得のいくところです。

【寄付】領収書発行の対象となるもの
【募金】不特定多数からのお金であるため領収書が発行されない

寄付先が、特定公益増進法人や認定NPO法人であれば、
損金算入ができるので、
領収書に関して慎重にならざるを得ないからでしょうね。
(まぁ、寄付も匿名寄付であれば、不特定になってしまうわけですが。)


僕は上記NGOさんの定義を意識してお話しています。
人によって切り口が異なってくるのは面白いと同時に、
ちゃんと両者の違いを認識しないと危ないなぁと思う今日この頃です。

2009年8月29日土曜日

夕凪の街 桜の国


最近は、結構映画にハマっていまして、
先日は友人からタダ券をもらって、「山形スクリーム」を見に行きました。
かなりふざけた映画だったで、感想は省略します(笑)


さて、タイトルの「夕凪の街 桜の国」ですが、
マンガが発行されてすぐに購入して読んだ作品です。
これが映画化されていて、DVD化もされていたので観ました。

自分の誕生日である広島原爆の日というのは、
やっぱり特別な日でして、こういう作品は手にとらずにはいられないです。

今年の8月6日は横浜YMCAの企画で、
被爆者の方のお話を聞いてきました。

原爆の被害が今だに続いていること。
映画の中でも、同じようなお話があって、
横山さんのお話が思い出されました。


映画は原作であるマンガに忠実につくられていて、
内容もしっかりと補足されているので、理解しやすく、
そして、あまりに哀しい作品に仕上がっています。

是非、一人でも多くの方に見て頂きたいと思います。



国連人口基金(UNFPA)って、知ってますか?


先日、国連人口基金(UNFPA)さんを訪問してきました。

UNFPAさんというと、「世界人口白書」が有名なので、
実際にどういった活動をしているのかイメージが付きにくかったのですが、
「お母さん」をテーマに様々な活動を行っているようです。

1年間のキャンペーンで、
を実施しており、サポーターを募集しています。
(登録するだけで、金銭的負担は無いようですね。)



日本には、国連人口基金東京事務所があります。

通常、国連機関だと、
ユニセフの場合、日本ユニセフ協会があったり、
UNHCRの場合は、国連UNHCR協会があったり、
寄付募集機関が別途存在することが多いのですけどね。

知名度を広げていくのが課題でもあるようなので、
PRをうまくやっていく必要があるなぁと思いました。

サポーター登録すればメルマガが届くようなので、
関心のある方は登録してみてはいかがでしょうか?


2009年8月24日月曜日

TOEIC600点を目指す勉強会【第3回目】


タイトルには第3回目と書いていますが、実際は第4回目らしいです。
第1回目の顔合わせ会に僕は参加していなかったので。。。

前回のエントリーで書いたとおり、
僕は1人だと勉強が続けられない人なので、
とても良い機会になっています。今日も行ってきました。

だんだん暗記する量が多くなってきたので、
結構きつくなってきましたw


さて、社長もブログでおっしゃっていますが、
仕組化ってやつなんでしょうね。

一人でもがっつり難関国際資格取得に励んでいる
ルームメイトは本当に大したもんだと最近実感しています。
何が彼を継続して勉強に向かわせるのだろうか・・・。

2009年8月20日木曜日

君は牛を二頭持っている。


「君は牛を二頭持っている」(きみはうしをにとうもっている)は、
主に欧米語圏で一連の政治的ジョークとしてよく用いられる定型文である。

僕はこの言葉を初めて知ったのですが、
上記のようにそう珍しいものではないみたいですね。


弊社のお昼ごはん休憩のときに、
少し調べ物をしていたら以下のページが見つかり、
一時社内が騒然となりました。



恥ずかしながら、
上記の「アンサイクロペディア」というサイトは、
今日、初めて知りました。

1つ1つのネタのレベルが高くてすごいです。
一見の価値あり。
例えば、これ

2009年8月17日月曜日

7/26に受験したTOEICの結果が出た。


7月26日にさりげなくTOEICを受検していたんですが、
その結果が公表されました。

↓結果↓
--------------------
LISTENING:305
READING:240
TOTAL:545
--------------------

うーん。
今回の目標は550だったので、惜しい!



・・・え?目標設定が低すぎるって??




さてさて、ちなみに今年の目標は650です。
次回は10月25日に受験予定。

7/27日から、TOEIC600点目指す勉強会にも参加しているので、
次回は650を目指します!!

2009年8月13日木曜日

エシカル・ジュエリー


エシカル・ジュエリーとは、
「環境や社会に配慮した素材を使ったジュエリー」
のこと。

イーココロ!のインタビュー企画で、
その記事ができあがりましたので共有します。

自分が愛する人のために買ったジュエリーが、
途上国での紛争や貧困の原因となっているものだったら、
すごく悲しいことですよね。

こういう裏の話は普通聞くことがないので、
全く気が付かずに買ってしまっていることがあると思います。
そんな時は安心できるお店で買えばいい!ということで、
今回のHASUNAさんのショップはいいなと思います。



2009年8月12日水曜日

Causebrand Lab.の野村さん。


今日はCausebrand Lab.の代表、野村尚克さんとお話をしてきました。

日本において、「コーズ・リレイテッド・マーケティング」ときたら彼、
という感じの、ある意味第一人者だと思います。

Cause Related Marketingとは、寄付つき商品とも言います。
よく例にあげられるのが、Volvicの1L for 10Lプログラムです。

日本でVolvicを1リットル購入すると、
アフリカの井戸で10リットルが生まれるというプログラムです。
具体的には、売上の一部をユニセフに寄付して、
アフリカで井戸を作る&メンテナンスする事業を支援するものです。

で、こういったコーズ・リテイテッド・マーケティングに関して、
色々仕掛けていらっしゃるのが(←表現良くないか)野村さん。

彼と出会ったのは、以下の本で弊社のイーココロ!を
ご紹介いただいたのがきっかけでした。



コーズブランドをまとめた本です。
かなりクオリティが高いので皆様もぜひ読んでみてください!!

お話をしていてとても楽しくて、
気が付いたら3時間以上もたっていてびっくりしました(笑)

今日は素晴らしいアイデアを頂いたので、
それを具体化して、いろいろ恩返しをできればなと思っています。

2009年8月11日火曜日

世界平和指数(Global Peace Index)


世界平和指数(Global Peace Index)なるものがあることを発見しました。
以下は、マップです。




参照元はVisio of Humanityという機関。

気になる日本の順位は7位。
この指標に関してはいろいろ批判もあるようですが、
国を比較するというよりも、経年変化を見るのがよいそうです。

そういう意味で、日本は、2008年の1.358が2009年に1.272になったので、
より平和になったとみていい・・・のだろうか・・・??

ちょっとおもしろいネタなので共有します!

2009年8月10日月曜日

TOEIC600点を目指す勉強会【第2回目】


7月の末から「TOEIC600点を目指す勉強会」に参加しています。

上記勉強会を主催している勉強カフェ「BOOKMARKS TOKYO」を、
知人に紹介していただきまして、
「今年は英語を頑張る」と決意した僕はすぐに参加を申し込みました。

詳細な内容はこちらを読んで頂くとして、
ざっくりいうと中学校1・2・3年生の英語を丸暗記して、
英語を聴く・話すということに関して土台を固めるというものです。

僕なんかは、自分独りだと全く勉強できない人なので、
みんなと一緒に頑張るのがとても励みになっています。

今までTOEICというか、英語は避けてきた分野だったので、
この2・3年でしっかりと話せるようにしたいと思っています。

ハゲタカ


映画、「ハゲタカ」を観て来ました。

以前友人にチケットをもらったのですが、
ずーっと忘れていて、先日やっと見てきたわけです。
(koreedaくん、ゴメン。。)

人物が登場する際にいきなり感があったので、
調べてみたら以前NHKドラマでやっていたんですね。
いろいろな背景があったようで、
知っている/いないのとでは映画の面白さに差が出たと思います。。。

とはいえ、とても面白かったです。
企業買収の実際の現場がどういうものなのかわかりませんが、
今回の映画を通して、イメージが膨らみました。

そして、一緒に観に行った相方と意見が一致したのが、
「劉一華役の玉山鉄二がイケメンだった」ということでしたw


上映はほぼ終わってしまったようですが、
興味のある方はDVDレンタルでご覧になってみてはいかがでしょうか?