2012年12月25日火曜日

今年ハマったスマホ/タブレットゲームTOP10!!!


世間がクリスマスなんやらと浮かれている間に、
今年ハマったゲームのまとめを書いてみようと思いました。

※発売日は必ずしも今年とは限りません。

さて、まえがきは無しにして早速いきましょう。
以下、ランキング順にご紹介します!


[10] ぷるぷるもーびー(無料)[Android]
初っ端からゲームじゃないアプリですいません。


ぷるぷるもーびーに、私は心を揺さぶられてしまいました。。。


[9] 神経衰弱できるもん おすしやさん(無料)[iOS]
これをやると、毎回寿司を食べに行きたくなります。


一度ハマるとなかなか抜け出せなくなります。
間違えた時、「マグロ」とか、「イカ」とか、このアナウンスの声に、
じゃっかんイライラすることはありますが、やめられません。


[8] アニマル・レスキュー(85円。無料版アリ)[iOS]
何と。。これ買ってたのかよ・・・。


これはパズル系ゲームですね。
独特でリズミカルな音楽とともに、爽快な操作性、
そして、サクサクと進むステージにハマッてしまいます。
無料版だと遊べるステージが少なかったのでしょう。
それでは飽きたらず、有料版にまで手を出してしまいました。


[7] Defender(無料+課金アリ)[Android]
定番のお城を守るゲーム。


謎の敵が自分の城を攻めて来る中で、
こちらの武器やら兵力やら城の耐久力を上げて自分の城を守りぬく!
課金でゲーム内のアイテムやら経験値を手に入れることが可能。
無料で進めるには厳しいと感じた時にやるのを放棄した記憶が。。。


[6] ゾンビオーバードライブ(無料+課金アリ)[iOS]
ゾンビモノの中でもこれにはハマった。


ゾンビモノとくるとシューティング系が多いですが、
これはレース系でして、ゾンビを倒しつつ車で逃げるというもの。
障害物の前で避けきれずにぶつかってしまうと
「うおおおお!!」と思わずアツくなってしまう危険度の高いゲームです。


[5] Coin Dozer(無料+課金アリ)[Android]
シンガポールの地下鉄でおばちゃんが
大きい音を出してマジで集中してやっていた姿が忘れられません。


自宅で無言でこれを楽しむ姿に妻は怒りを覚えたこと間違いなし。
夫婦生活を破綻に導く中毒性アリ。


[4] ┌(┌ ^o^)┐<ホモォいじり(無料)[Android]
育成系アプリもハマっちゃいますよね。

僕がiPhoneを使っていた時代の不朽の名作といえば、
MEGU」なわけですが、このホモォはよりシンプル。
ただ、マニアックなモノを与え、お風呂に入れてあげるだけ。
あとはどんどんレベルアップして、変化してくれます。
僕は「ルシ腐ェル」まで成長しています。


[3] ひよこまみれ(無料+課金アリ)[iOS]
これのせいで、夫婦で廃人化する所でした。


先に上げたCoin Dozerのひよこ(鳥)版。
ひたすらレベルを上げていき、ひよこコインを集めて、
新しいひよこを手に入れて・・・を繰り返すだけです。
夫婦で無言でこれをやっていることに気がついた時は、
人生の危機というものを感じました。

Coin Dozer系ゲームは、マジでヤバイ。


[2] にゃんこ大戦争(無料+課金アリ)[iOS]
年末に彗星のごとく現れ小堤のハートをがっちり掴んだ秀作。


ルールは先に紹介したDefenderとほとんど同じです。
しかし、出現キャラクターがいちいちツボをついていて、
新しいキャラクターはどんなものが出てくるのか気になり、
まったくもってやめられ無くなってしまいました。
朝起きて、帰宅して、寝る前に・・・常に起動してしまいます。


さて、堂々のNo1は・・・!?


[1] Infinity Blade 2(600円)[iOS]
これは言わずと知れた名作ですね。


もともと、Infinity Blade 1からのファンなのですが、
iPad史上最高クラスの美しいグラフィック!!
もうこれは何も言う必要は無いでしょう。買って損無し!
これのやりすぎで妻に怒られました!!


上記、振り返ってみますと、
[7]Defenderと[2]にゃんこ大戦争
 と
[5]Coin Dozerと[3]ひよこまみれ
は同じタイプのゲームであることがわかります。

当然、ただ見栄えをひよこやにゃんこに変えただけでなく、
中身のシステムも変えていて、飽きさせない仕組みになっているわけです。
同じタイプのものでも、新たな要素を加えたり、
デザインを大きく変えることで、全く違うゲームになるわけですね。

見てお分かりの通り、キャラクターモノに関しては、
小堤は非常に強み(萌えパワー)を発揮しますので、
こういうものをご存知の方はぜひ教えてください。

2012年12月10日月曜日

Innovators' Collage Summit in Vietnam開催の舞台裏。

今回は11月17日に開催したInnovators' Collage Summit in Vietnamについてちょっと書いておこうと思います。




◆まずはリンクのまとめから。

というか、イベントの内容や実施内容については、以下をご参照頂きましてw このブログでは主に舞台裏に焦点をあてて書こうかと思います。振り返り大事ですから。

・ホームページ
・レポート(英語)
・Facebookページ


◆なぜこういうイベントをやることになったのか?

そもそもの経緯といいますか、裏話の登場人物として、最近ちらほらFacebookやブログで登場するハバタクという会社の小原氏がいます。※彼との間ではブログ更新戦争が勃発しておりまして、1ヶ月に一度ブログを更新するかしないか程度の非常に低レベルな戦いを繰り広げております。

もともと小堤は、TEDxSeedsに2009年からオーガナイザーとして関わってきております。2011年はシンガポールへ旅立つ前日にTEDxSeeds2011が開催され、ドタバタな中でTEDxSeedsの仲間に見送ってもらったのは今となってはとても良い思い出ですw

そして、今年2012は小堤は一体どう関わるといった時に、ホーチミンでTEDxSeedsのパブリックビューイング、つまりはUstreamで映像を配信するんでそれを観るサテライト会場的なものをやらないかということになっていたのであります。(※結果、こんな感じで掲載されております)

そこで寂しがり屋な小堤は、小原氏にこういうネタがあるんだけど、と声をかけたところ、「いやいや小堤よ、実は俺たちもこのMekong領域のイノベーターを招いてカンファレンスやろうと思っていたんだよ」というワイルドなアイデアをきき、「じゃ一緒にやっちまおうぜ」ということで決まったのが、このイベントだったわけです。

仕事に勤しんでいる風な小原氏


◆会場が決まり、キックオフミーティングを開催。

僕ら日本人はホーチミンでは外人なわけですから、とにかく1つイベントをやるにしてもわからないことだらけ。ということで、人に紹介してもらって会場を幾つか訪問して、積極的にスポンサードしてくれる会場を選定。

また、ほぼ同じタイミングで、キックオフミーティングと称して、サンフランシスコからきていた××君にワークショップをやってもらいました。このキックオフミーティングの会場は知人のコワーキングスペースを借り、参加者はハバタクのつながりや、AIESECのホーチミンコミュニティからジョインしてもらいました。

この時、このワークショップ中に便所の鍵が壊れ、小堤が30分ほど閉じ込められるという事件が発生。鍵師にあけてもらい、中から出てきた時は、皆様に拍手で暖かく迎えていただきました。

キックオフミーティング!

◆あとははやいはやい。

会場が決まり、オーガナイザーが決まってからは早い早い。9月~10月中旬までは2週間に1回。10月中旬~本番までは毎週1回、チームでミーティングを行いました。最初は10人に満たないメンバーでしたが、気がついたら日本人5,6名、ベトナム人10数名という大所帯となり、イベントの準備が進んで行きました。

プロモーションに関しては、やはりローカライズが肝だと思い知らされました。大学にポスターを貼りに行くというアイデアは当初自分の中には無かったのですが、これがかなり効果がありました。優秀なメンバーがデザインやら印刷やら、実行してくれたので本当に助かりました。

また、特に課題だったのがチケットのデリバリー。ベトナムではオンライン決済があまり使われず、チケットを手渡しで購入するというのが一般的なようで、これは何も知らずにやっていたら大変なことになっていたなと思います。

ウェブサイトに関しては、べとまるのネルソンさんに作って頂いたり、イベント参加登録ツールとしてKeewiというベトナムのスタートアップが運営するイベント管理サイトを使わせてもらうなど、本当に多くの方々の協力によって急ピッチでイベントが形になっていきました。

スポンサーのHRIさん、Wegloさん、Conyacさん、Nulabさんも、本当にありがとうございました。この4社の協賛なくしてこのイベントは開催できませんでした。

小原氏リードのもとミーティングが進みます


◆で、結果どうだったのよ?

結果として、参加者は100人超、ゲストスピーカーはミャンマー・タイ・カンボジア・ラオス・ベトナムから6人が集まり、大変盛り上がりました。※TEDxSeeds 2012の中継は通信状態の問題できびしかったので、2009年の石黒先生の講演を流すことにしました。

このカンファレンスの波及効果というものを、定量的にまとめるというのはなかなか難しいですが、今後のMekong領域を変えていくイノベーターやアイデアが生み出されるような種(Seeds)を蒔くことはできたのではないかと思います。※本件については、別途まとめてレポート化。

TEDxSeedsもそうでしたが、1回目→2回目→3回目と回を重ねるごとに、定量的に見えやすくなってきています。参加者・TEDTalksの閲覧者・Seedsに参加した後に何かアクション起こしている人が増えていくわけです。また、回を重ねるごとに、目的というのも再定義されていき、より何を考える・すべきか明確になってくると。

こういったミッションや次のカンファレンスについては、ハバタクの小原さんがご自身のブログでまとめていただけることを期待しつつ、このブログの筆を置かせて頂こうとおもいます。

お疲れっす!

2012年10月21日日曜日

ホーチミンでの近況報告をいろいろと。

ブログというのは更新をし続けることが大事なり。


そんな当たり前の事実を、友人のブログを読んでいて思うことです。

小堤のベトナムにおけるライバルは
「べとまる」ハバタク株式会社というところでして、
これは負けていられないわけです。

というわけで、久しぶりに更新をしてみようかと思います。


ベトナムに来てからの記事というのは、
ベトナムでPrePaid(プリペイド)のSIMカードを利用しています。」と
ベトナムでのお食事事情」の2つくらいでして、
マニアックなネタと緩いネタだったので今回はその中間を狙いたいなと。

というわけで、8月~10月の間で目立ったことをピックアップ。

TEDxMekongに参加
これはなかなかエキサイティングなイベントでした。
ホーチミンでTEDxカンファレンスに参加できるとは思っていなかったので、
非常に興奮しながら参加したのを覚えております。


 
前回はアントレプレナーがテーマだったようなのですが、
今回はOne Thing A Dayと抽象度が高くなっており、
登壇者も活動家、伝統演劇?、社会起業家など幅広い登壇者がおり、
とても刺激的なカンファレンスとなってました。


◆住居でのちょっとしたトラブル
これはもう完全にネタなんですけれども、
ドアの鍵が壊れて完全に締め出し状態をくらったり、
朝起きたらエアコンから水が垂れていて床が水浸しになっていたり、
今となっては笑えるネタを何度か経験させていただきました。


最近はなくなって落ち着いて生活できていますけど。


◆モバイル端末買っちゃった。てへ。
え?必要無いのに趣味で集めてるだけだろって?
何を言っているんですか。大切なんですよ。こういうの。
そもそも私はモバイル広告を取り扱う会社におり、業務上においても個人においてもモバイルフォンというものを使いこなし、さらにはホーチミンにおけるモバイル広告の現状を把握した上で、今後スマートフォンをはじめとしたフィーチャーフォンとは一線を画するモバイル端末との違いを適切に認識し、ベトナムにおけるモバイル広告の未来を



◆新しいプロジェクトが始まった
その名をICSIVという。
もともとはTEDxSeeds2012のパブリックビューイングプロジェクトでしたが、
気がついたらベトナムメンバーもたくさんジョインして大きいプロジェクトに。
詳細は今後またアップデートします。


◆引越し荷物の船便が届いた
ホーチミンは小堤自身が労働許可証をとらないと、
シンガポールからの引越し船便荷物が届かなかったんです。
船便は無くても届くので既に5月に受け取ってましたけど。
と、いうわけで、たくさんのぬいぐるみ達とやっと合流できました。



さて、早いものでホーチミン生活もほぼ半年。
そしてシンガポールも含めて東南アジアでの生活が始まって、
ほぼ1年が経過しようとしています。


シンガポールでは全くといっていいほど日本人コミュニティに
関わったことがありませんでしたが、ホーチミンに来てからというもの
同じ仲間ということで多くの方に助けていただいております。
当然ベトナムの人たちにもたくさん助けてもらっています。
本当に感謝感謝でございます。

その恩返しのためにも、こちらでのビジネス創りをガンバリマス。



 

2012年7月22日日曜日

ベトナムでのお食事事情。

またしばらく更新がストップしておりました。
今日は、写真を使いながらベトナムのご飯についてご紹介できればと思います。というのも、

「ホーチミンでは、食事は普段、どうしているの?」

と聞かれることが多いので、普段何食べているのか整理する意味でも今回の記事をば。

当然毎日フォーや生春巻きばかり食べているわけではありません。意外とベトナム料理はバリエーションありますし、当然、日本食や洋食のお店もたくさんあるので、食べることに関して困ることは無いと思います。恐らくシンガポール以上に、ある意味バランスのとれた食生活を送れているのではないかと。(シンガポールではほぼ毎日ホーカーセンター行って、チキンライスやらインドカレーやら結構アグレッシブなものばかり食べていたので。。。)

それでは、小堤のホーチミンでのお食事例です。

[1]ローカル店にて。何と全部で200円程度。

[2]Ngan氏紹介。魚の料理。白麺と一緒に食べる。

[3]ベトナムときたらデザート!100円しなかったような。

[4]日本のスウィーツ&フード MOF!!

[5]韓国料理!これでも500円くらい!

[6]KFC!!日本の方がうまいぞ。。。

[7]ファミマ弁当!160円。

[8]Sushi Bar!! 450円くらい!?

[9]HotPot(鍋)!300円程度のはず!

[10]ベトナム料理!2人前で500円だと!?

[11]学食にて。蟻が群がっているお皿を使います。

[12]インドカレー。量多い。

[13]ベトナム風お好み焼き。

[14]広島風お好み焼き

[15]何か忘れたけど美味しかった!

[16]ドリアン!(食べないです)

[17]定番のフォー!

[18]ブンチャ?これマジでうまい。

[19]カニパスタ@4P's もはや奇跡。

[20]イケてるカフェ的な。

くま?

という感じです。外食は中々楽しく過ごすことができます。妻の名誉のためにも言っておきますが、夕食は妻の手料理を家で食べております。基本的に家で料理して食べるほうが高くつくんですが(無農薬野菜など手に入れるのは非常に困難。)。独身でベトナムに来ていたら、毎晩Sushi Barに行ってひたすら寿司を食べていたことでしょう。感謝感謝。

2012年6月9日土曜日

ベトナムのPrePaid(プリペイド)のSIMカードを利用してます。

長らく更新がストップしておりました。。。

5月の末は両親&叔父叔母の旅行のアテンドでシンガポールへ。そして、明日からはEchelon2012というイベントに出るためにシンガポールへ。どんだけお前はシンガポールが好きなんだと言われそうですが、そんな感じで日々楽しく過ごしております。そして、GW中はアメリカ旅行をしていて、また別で記事書きまーすなんて言っていたのですが、「facebookに写真まとめてあげたし、別にいっか。」ということで、ベトナムネタを書こうと思います。

皆さん、僕のガジェット好きなのはご存知の通りかと思います。端末やSIMカードを見ると興奮してしまう変な習性を持っています。ベトナムにはたくさん端末屋がありまして、少しずつ開拓を進めているところです。

こういうお店を見るとキャーキャーと黄色い声を発します。

このthegioididongには大量に端末が置いてあるので、行くだけでもう興奮モードです。もともとSIMロックフリーの端末を持っていたので、SIMカードだけここで購入しました。(節約という意識もあり、僕は端末を買い漁るようなことはしません。ふふ。)

SIMカードをとった後のカード。

ベトナムでは、ViettleMobifoneVinaphoneが市場をほぼ独占しています。僕は一番大きいViettelのSIMカードを購入しました。値段は確か600円くらいだったはず。自分で番号が選べて、ゾロ目があったりすると番号の値段が高くなります。番号によって値段が変わってくるというのは面白いですよね。

ちなみに僕が持っている端末ですが、左が日本で使っていたiPhone4。SIMロックがかかっていて、SoftBank以外のSIMカードが使えないので、こちらではWiFi環境で使っています(怪しいお店に行けば、普通はSIMロック解除できるみたいですが、OSを5にアップデートしたらできないみたいです)。真ん中のがNexus Sです。Google様プロデュースです。最高です。右のはNokia Lumia 800でWindows Phoneってやつです。これは会社端末。

アイラブ端末。

Nexus Sはシンガポールで購入していまして、当然SIMフリーなので、どこの国のSIMカードをいれても使えるわけです。海外各国に旅行に行く際は現地でSIMカードを購入して、Nexus Sにぶっこんで使っています。例えば、アメリカならT-Mobile、シンガポールならSingTelとか。

さて、ViettleのSIMカードはNexus Sで使っているわけですが、PrePaid(プリペイド)なのでチャージ分を使い切ると、途中で使えなくなります。使いたい分を予めチャージしなければならないのです。そこで、そのあたりのお店に行ってプリペイドカードを購入します。

嗚呼!プリペイドカード!

今回購入したのは、100,000VND=400円分のプリペイドカードです。ベトナムではこれだけチャージしておけば、1ヶ月くらいは持ちますね。当然画像アップロードしまくったり、アプリダウンロードしまくったりすればすぐに無くなります(アメリカ旅行ではプリペイドカードを使い始めた瞬間に、Androidアプリの自動アップデートが始まり、購入後約10分で全て使い果たすという悲劇がありましたww)。

裏はこんな感じ。
使い方としては(実際は店のおばちゃんにやってもらいました)、とある番号に電話をかけて、スクラッチを削ったところに見える番号を入力するだけ。それだけでチャージができてしまいます。SIMカードをいちいち購入するのがめんどくさい!という方は、以下のATMみたいなものを使えば、簡単にできてしまいます。電話番号を入力して、お金をいれるだけでチャージできます。

PayLink!!!
という感じです。日本ではほぼ100%PostPaid(ポストペイド)なので、最初はPrePaid(プリペイド)という概念がよくわかりませんでしたが、使い始めてみると結構便利です。使った分だけなので余計なお金も支払わずに済みますし。日本だと月に6,000-8,000円使っていたのですが、ベトナムだと500円程度で済んでいます。物価が安いとはいえ、これはもはやシンジラレナイ金額ダ。

ベトナムにも当然PostPaidはあるのですが、最近会社端末を購入したばかりなので詳細な内容がわかるのはこれからですが、1.7GB毎月使えて500円しかかからないので、PrePaidよりお得かもしれないと思っています。

ひさしぶりの記事なので気合が入ってしまいましたが、そのうちベトナム飯などゆるい記事ももう少しあげていこうと思います。

2012年5月9日水曜日

ホーチミンに引っ越しました。

1ヶ月ほどブログの更新がストップして報告が遅れましたが、2012年4月23日からベトナムはホーチミンでの生活を開始しております。シンガポールはちょうど半年で離れることとなりました。

ビジネスとして、一旦はシンガポールではなく、ベトナムでの可能性を検討することになったためです。以下のプレスリリースにある通り、ベトナム・タイ・インドネシアの3ヶ国に拠点をつくることになり、小堤はベトナムを担当することになったというわけです。

東南アジア3か国における駐在所の新規開設について


ホーチミン~

ベトナムといったらとにかくバイクの数がすごい!といっても、度重なる出張と、こちらでの生活を開始したことで、ぶっちゃけ既にもう慣れている自分がいるわけですけど。。。まだこちらでの日は浅いですが、食事は美味しいですし、今のところエンジョイして過ごすことができております!

せっかく知り合いがいるのだから行ってみようかなと思ったそこのあなた、小堤までご一報ください。まだ全然詳しくないですけど、少なくとも空港から中心部への移動や、こちらでのTIPSなどは共有できるかと思います。


なお、GW中はアメリカはロサンゼルス・ラスベガス・グランドキャニオンなどを旅行してきまして、そちらの記事は、週末にでも書いてアップしようと思っています。まだ時差ボケ残ってます。。

2012年3月31日土曜日

Vietnam Founders Drinks で講演しました。

2012年は3月24日5時30分、VietnamはHo Chi Minh CityのVietnam News Agencyの講堂にて開催されたVietnam Founders Drinksにてプレゼンをさせていただきました。詳細はe27のウェブサイトの告知記事をご覧下さい。→ Vietnam Founders Drinks looks at digital advertising opportunities for startups with Otohiko


最初は以下のManila Founders Drinksのようにカジュアルな感じだと思っていました。小堤が最近もっとも衝撃を受けた写真ですw なんなんだこれは。アツすぎる。※元の写真はこちらから。

これはこれで激しいけどサ。

しかし、実際のところはこんな感じ。すごく広い会場ですし、ってか、普通にかなりしっかりとしたプレゼンやらないとあかん感じです。これにはさすがに焦ったw

一瞬、逃げ出そうかと思いましたw

元サイトにもありますように、テーマは2つに分かれています。1つ目は「日本・シンガポールのリーンスタートアップ及びスタートアップシーンについて」とパネルディスカッション。2つ目は「日本のデジタル広告市場の概要とベトナムスタートアップにとっての機会とは?」と質疑応答。という盛りだくさんな内容でやらせていただきました。

第1部に関しては、ノボットを中心に、どうやってビジネスを拡大したのか、当時KPIとしていた数字がどうやって伸びてきたのか、といった経験に基づいたお話をさせていただきました。第2部に関しては日本の広告市場+デジタル・モバイル広告市場など、幅広く日本の市場データやプレイヤーについてお話して、ベトナム市場で今後どのようなビジネスが展開できそうかについて、簡単ではありましたが意見を共有させていただきました。
※少し固めの雰囲気でしたが、何度か笑い(失笑?)を誘うことができたので良かったと勝手に自己満足しておりますw

最後は「アイル・ビー・バック!」と(たぶんほとんどの人がわからなかったであろう)ターミネーターネタを披露し、幕を閉じました。画像からお分かりの通り、4月23日に小堤はベトナムはホーチミンに引越しをします!!シンガポール滞在は半年だけでしたが、エンジョイさせていただきました!!というわけで、ホーチミンにお越しになる方は小堤にご一報ください。

アイル・ビー・バック!