2010年2月17日水曜日

「世界を変えるデザイン展」始動。


僕の友人である本村拓人くんが立ち上げた会社、
株式会社グランマが実行委員を務めるBOPプロダクトの展覧会
が5月15日~6月13日の間に開かれます。

その概要が本日発表されました。
ご興味のある方はぜひご覧下さい!!

↓↓↓

~Imagine another life through the products~


世界を変えるデザイン展実行委員会(所在地:東京都目黒区、実行委員長:本村 拓人、以下 実行委員会)と、民(NPO)、産(企業)、学(学術団体)の活動を支援し、三者の連携を促進することで、民間主体のより豊かな社会づくりに貢献する特定非営利活動法人CANPANセンター(本社:東京都港区、理事長:今 義男、以下 CANPAN)は、2010年5月14日から6月13日の1ヶ月間、東京ミッドタウンデザインハブとアクシスギャラリーにおいて、BOPプロダクトの展覧会「世界を変えるデザイン展~Imagine another life through the products~」を開催いたします。(http://exhibition.bop-design.com/)

【『世界を変えるデザイン展~Imagine another life through the products~』ついて】
■Imagine another life through the products=BOPの生活を提示する
1日の所得が2ドル以下の40億の人々のことをBOP(Base of the Pyramid)層と呼びます。経済産業省にてBOPビジネスの研究会が開かれるなど、このBOP層を対象にした「BOPビジネス」が今、日本では注目されています。

しかし、まだ日本ではBOPの定義が曖昧であり、具体的な「プロダクト」も少ないため、何がBOPビジネスなのかわからないのが現状です。そんな中、一冊の本が出版されました。「世界を変えるデザイン―ものづくりには夢がある」です。この本では、世界の諸問題に目を向け、考え抜いた結果、生まれたプロダクトを紹介しています。

多くの優れた「BOPプロダクト」には、洗練された「デザイン」があります。このようなプロダクトを通して、BOPの生活を提示する。それが、「世界を変えるデザイン展」です。

■世界中から集めたBOPプロダクト
BOPビジネスの現場で活用されているプロダクトについて、視座を現場にした最新の事例やニーズを紹介する展覧会や各種セミナーを実施致します。世界中から集めた世界を変えるプロダクトから、そのプロダクトが生活者に届くまでのバリューチェーンを肌で感じる事ができる体感型の展示会となっています。

■国内外からゲストを招いたカンファレンス・ワークショップ
BOPをビジネスフィールドにしている企業や非営利団体からの専門的な知見を共有致します。具体的にはカンファレンス、ワークショップなどの企画をアレンジ致します。上記団体のビジネスモデル事例に学び、各企業組織の具体的取り組みへの発展の可能性を徹底議論します。

展示するプロダクトや、カンファレンスのゲストスピーカーにつきましては、現在調整中です。確定次第、順次ウェブサイト(http://exhibition.bop-design.com/)などで告知をして参ります。

【展覧会の概要】
■会期  :東京ミッドタウンデザインハブ
2010年5月14日(金) Opening Party 19:00 – 21:00
2010年5月15日(土)- 6月13日(日) 10:00 – 19:00 
2010年6月12日(土) Closing Party 19:00 – 23:00
:アクシスギャラリー
2010年5月28日(金)−6月13日(日)
■場所  : 東京ミッドタウンデザインハブ、アクシスギャラリー(六本木)
■入場料 : 無料(一部カンファレンス有料/事前登録にてパンフレット無料配布)
■規模  : 15,000人(集客予定)
■主催  : 世界を変えるデザイン展実行委員会、日本財団CANPANプロジェクト
■共催  : アクシスギャラリー
■協賛  : 大手企業数社(現在調整中)
■特別協力: 英治出版株式会社
■後援  : アメリカ合衆国大使館、JICA
■運営  : 株式会社Granma

【BOP、BOPビジネスとは】
BOPとは、「所得別人口構成のピラミッドの底辺層を指す。世界人口の約7割に相当する約40億人が、年間所得3000ドル未満の収入で生活しており、その市場規模は5兆ドルに上ると言われる。BOPビジネスとは、企業が途上国においてBOP層を対象にビジネスを行いながら、生活改善を達成する取組のことである。慈善事業ではなく、持続可能性のある本業のビジネスとして行う点において、CSR活動をさらに発展させたものと言える。」(経済産業省ウェブサイトより)

【団体概要】
団体名 : 特定非営利活動法人CANPANセンター
理事長 : 今 義男
設立  : 2007年7月1日
所在地 : 東京都港区虎ノ門1-15-16
URL : http://grandtop.canpan.info/

【本件に関するお問い合わせ】
団体名 : 世界を変えるデザイン展実行委員会
担当者 : 本村 拓人
所在地 : 東京都目黒区中目黒1-1-3(株式会社Granma内)
URL : http://exhibition.bop-design.com/
TEL : 03-3793-7210
FAX : 03-3793-7210
Email : sekai_design◎granma-port.jp (◎を@に変換してご入力ください)
Twitter : http://twitter.com/sekai_design


よろしくお願いします~。


2010年2月16日火曜日

知人の写真展紹介@三鷹(吉祥寺)

本日は知人の写真展のご紹介です。
主にカンボジアとラオスの写真になります。

高沖泰大/最上谷元紀 共同写真展 『かえる~Return to ...~』

高沖くんが僕の後輩にあたりまして、
写真家としての実力を最近どんどん増して来ています。
ぜひ一度ご訪問ください。


場所:
Gallery/Cafe Terrace
吉祥寺駅より徒歩約10分。
井の頭公園を左手に見ながら進んだ先、三鷹の森 ジブリ美術館付近。

日時:
3月17日(水) 12:00~19:00
   18日(木) 12:00~19:00
   19日(金) 12:00~19:00
   20日(土) 12:00~19:00
   21日(日) 12:00~16:00※
※最終日は終了時間が他と異なります。ご注意下さい。

2010年2月8日月曜日

映画 ラブリーボーンとアバター観ました。

2週間連続で映画いってきました。


1つ目はラブリーボーンです。

「感動超大作」と謳っています。

まぁ、確かに悲しい+感動で泣ける要素はたくさんあるのですが、
結構サスペンス的なヒヤヒヤする内容も多く、
感動映画を期待して行くとびっくりすると思います。

主人公が殺されるのが前提で暗いのですが、
絶望的に暗いのではなく救われる面もあるというか、
ともこのあたりは表現しにくい内容だなぁ。

死後の世界の描写が美しく、想像力が膨らみます。


2つ目はアバターです。

川崎のIMAX(3D)で観てきました。
これは言わずもがな圧倒的な迫力の映像です。
ジェームズ・キャメロンさん、あなたはすごいよ。

ちなみに、以下のような記事があります。

この記事を読んで、観に行こうと決断しました(笑)

まぁ鬱にはなりませんが、独特の世界観とそれを実現する映像、
そして(ある意味わかりやすい)ストーリー展開に引き込まれ、
2時間30分あっという間にすぎさってしまいました。

これはレンタルではなく、映画館で観た方がいいですよ!

2010年2月6日土曜日

"e-dreams" Kozmoの盛衰がわかるドキュメンタリー


今日は某ベンチャー内にて、
次のドキュメンタリーの上映会を行いました。


詳細については中の文章を
読んでいただければわかるのですが、

成功と没落を全てリアルの映像で
つくられているのにとても驚きました。
あまりにリアル。


ベンチャー企業にて、
IPOや売却などのイグジットを考えている人には、
ぜひ見てもらいたいものですね。


あ、ちなみに以下の記事も参考になります。



2010年2月4日木曜日

会計と格闘中。。。


昨年から個人事業を始めたはいいんですが、
苦手な会計や税務などを自分でやらなければいけないから大変。
家計簿ならわかるけど、複式簿記はあまりわからんのですよ。
青色申告するために頑張っているんです。

なんとか昨年11月~12月の入力が終了。
だいたい正しく入力できたはず。
これを税理士の方に見てもらって、次は確定申告だな。

色々手探りで進めております。。。