2010年1月24日日曜日

共有スペースの私有化

例のSamurai Houseに11月から住み始めているわけですが、
最近はひどいことに、共有スペースであるミーティング兼居間が、
ほぼ僕の仕事用スペースになってきています(笑)




もともともっていたキーボードに加えて、
最近はディスプレイも手に入ったので、
ノートパソコンを出力して快適に仕事ができています。

しかしまぁ、上の写真、
殺風景とイイますか、何ともいえない味を出していますw



2010年1月17日日曜日

寄付・募金アプリ(iPhone、Facebook)の情報まとめと考察

最近は、iPhoneのようなスマートフォンや、
Facebookのようなソーシャルメディアにおける
寄付・募金のアプリに関する情報によく触れます。

いい機会なので、情報ソースをまとめてみようと思います。

※他にもあればぜひ教えてください!!

■iPhone


■Facebook





※これはiTunes。


スマートフォン/ソーシャルメディアのアプリ事業に
多少なりとも携わっている者として、
こういうアプリが出てくるのはとても良いことだと考えています。
理由は3つ。

●決済手段として。
小額の寄付・募金でネックになるのが決済手段。
個人が一人で寄付をネットでする場合は、
通常1,000円以上じゃないと手数料の関係から難しいと思います。

●多くの人に伝わる。
通常、ウェブサイトでNPO/NGOが寄付金を募ったとしても、
本当に一部の人にしか声が届かないですが、
SNSやアプリマーケット上に寄付・募金アプリを設置することにより、
多くの人に届けられる可能性が高まります。
特にSNSの場合、何かの拍子で爆発的に広まる可能性があります。

●寄付しやすい。
たぶんこれが一番大きいと思うのですが、
何よりも寄付・募金への敷居を下げていることだと思います。
アバターなりバーチャルグッズなり、
それを購入することが寄付につながっていると。
こちらでは対価と表現していますね。納得です。)
そして、「仲間がやっているのなら自分も」という気になりやすい。


日本では、mixiやDeNAがソーシャルアプリで盛り上がっていますが、
このようなアプリが出てきて欲しいし、無いのであれば、
自分たちでどんどん作っていく勢いで行こうと考えています。