2012年2月18日土曜日

ネコワーキングに行ってきた。萌。

先の記事に続き、次はネコワーキングを訪問しました。

ネコワーキングとは、その名の通りネコがいるコワーキングスペースです。そもそも「コワーキングって何よ」って方はこちらを読まれると良いかと思います。このネコワーキングを運営しているのは、文京区ならオレに任せろの広瀬眞之介さん。彼とは大学4年生の頃にひょんなことから出会いまして、その後、デジハリつながりの共通の知人がいたりと、ゆるい関係を経てもう6年目くらいになるわけです。

そんな彼が立ち上げたネコワーキングは昨年の10月頃にオープン。まさに僕がシンガポールに旅立つドタバタの時期、もしくは、その後なので、完成時に訪問することができていませんでした。その後、ネットメディアや新聞にガシガシ取り上げられているのを見て、「色んな人が行く前に、早くキングとココに会ってハートをゲットせねば!」と思い(←そっちか!)、今回の訪問が実現しました。たまたま知人がシンガポールを切り口にしたイベントを主催されていたので、それにも参加させていただきました。


そして実際に入ってみると、なるほど・・・これはヤバイではないか。


キャーキャー!! キングが寝てるー!!
キャー! ココちゃーーーん!!!

ニクキュー!!!

イベントの際はこの子達の動きにそわそわし、終わった後は見たり触ったりするのに夢中になるというよくわからない男にかまってくれたキングとココに感謝。


肝心のスペース全体像

見てお分かりの通り、板の上は土足厳禁、つまり靴を脱いでお仕事したり、イベントに参加するわけです。これは快適で良かったですね。最初土足で上がってしまい申し訳有りませんでした。。。立地的には水道橋近くで良いですし、リラックスできるので日本に住んでいたら普通に入居してましたね。

ネコワーキング訪問後は、後楽園遊園地の方へ行き友人と一蘭でラーメンと、銀だこでたこ焼きを食べまして、羽田空港に向かいました。一蘭が近いというのも大きなポイントになりますねw

日本一時帰国時には必ず食べたい。

こんな感じで3日間の短い日本滞在が終わるのでした・・・。

Samurai Startup Islandに行ってきた。

2月の9,10,11日と3日間ほど、日本に一時帰国していまして、暑いシンガポールから激寒の東京に戻り、あまりの気温差と乾燥具合に完全に負けてしまい風邪を引きました。。。インフルエンザで無かったのは不幸中の幸いか。

休むまもなく予定を詰めるという中々ハードスケジュールな一時帰国でしたが、その際にSamurai Startup Islandを訪問しました。Samurai Incubateの榊原さんとはSamurai Houseに一緒に住ませていただく程のお付き合いをしていたにもかかわらず、SSIにはなかなか訪問することができていなかったので、感動もひときわです。

Samurai Startup Island(略称:SSI)とは、「できるできないでなく、やるかやらないか」で生きる榊原健太郎さん(Samurai Incubate Inc.代表)が立ち上げたインキュベーションオフィス/コワーキングスペースです。

入り口からしてイケている

渋い

広い&オシャレ

ちょうどその日はSamurai Barなるものが開かれており、お酒を飲みながらたくさんの方と情報交換させていただきました。かなりの頻度でイベントが開催されているようなので、このページは要チェックです。気になる方は、イベント出席と合わせて見学されると良いと思います。

2012年2月12日日曜日

シンガポールのスタートアップイベントSTARTUP IN ASIAに参加。

2012年2月2日(木)、3日(金)、シンガポールのSingapore Post Centreにて、東南アジアのスタートアップのピッチや、カンファレンスが行われるSTARTUP IN ASIAが開催されました。主催はアジアのテック情報ならまかせろのPenn Olsonです。今更ではありますが、本カンファレンスに招待していただいたので、記事として残しておこうと思います。

IMG_20120202_105639
会場はこんな感じ

当日、どのようなスタートアップがピッチしたのかについては、以下の2つの要約記事がとてもわかりやすいのでご覧下さい。

・ アジアのスタートアップバトル「Startup Arena」でピッチした8つのチーム(前編)
・ アジアのスタートアップバトル「Startup Arena」でピッチした8つのチーム(後編)

全てのカンファレンス、ピッチの詳細を読みたい方は、以下に全ての記事へのリンクがはられています。

・ A Final Roundup of Startups in Asia Singapore


STARTUP ARENAというのは、今回のイベントの目玉でして、全部で16のスタートアップがそれぞれの持つサービス・プロダクトを制限時間の範囲内で発表し、審査員からの質疑応答に挑むというものです。優勝者には10,000USDが与えられます。

優勝は逃しましたが、数あるピッチの中で最も盛り上がったのがVibaseというプロダクト。女性がオーガズムに達するのを助けるプロダクトです。つまり、バイブとiPhone/Androidアプリを連携させることで、2つの機能を実装しているとのこと。①恋人同士が離れていても、Vibaseを使えば遠隔でコントロールすることができる。②女性自身がリラックスした状態で動作をコントロールできるようにする。

デモも爆笑ものでしたが、「妻にテスト使用してもらいました」というぶっちゃけ発言もあり、会場は大いに盛り上がりましたw こういうSex Toyがここで出てくるとは思いませんでしたが、数字は忘れましたが市場規模も大きく、たしかにシンガポールで薬局やコンビニで普通にバイブが売っているのを見ると、「たしかにそういうニーズはあるかも?」「意外と広まるのでは?」と妙に納得してしまいました。

他にも、無料WiFiサービス接続をfacebookやTwitterアカウントでログインすることで簡単に使えるようにするプラットフォームや、子どもや女性などが危険な目にあいそうになったときに位置情報やアラートを通知できるサービスなど、様々なITサービスのピッチを聞くことができました。


最後に、ちょっと驚いたのが、「どこかで見たことのある日本人がピッチしているな・・・?」と思ったら、Studio Ousiaの山田さんがピッチしていたこと(※詳細記事はこちら)。武藤佳恭先生の研究室関係で数年前から知っていた方で、まさか彼とシンガポールで再会することになるとは思いませんでした。ぜひ今後も海外展開をガシガシ進めて行っていただきたいものです!