2011年11月6日日曜日

シンガポールに来て2週間。

前回の記事に引き続き、シンガポール素人の記事です。

仕事系のアポイントが今週から入って来まして、
イベントにも出ると1日があっという間に過ぎ去って行きます。
ホテルに帰るなりバタンQな生活なので充実はしてますね。

そして、ホテル暮らしもいよいよ3週間目に突入。
延泊できずホテルを移動しなければならず既に3つ目のホテル。
もはやホテルよりもオフィスの方が「ほっと」する場所になってますw


◆家、物件について
もう少しで家が決まって引っ越せそうなんですが、
シンガポールではとにかくオーナーが強くてやりにくいことが多い。

例えば、家を借りるにあたっては14ヶ月間の縛りがあります。
小堤のようにほぼ毎年暮らしている場所が変わる人間にはヤバイ。

また、外人向けの家はとにかく高いです。
もちろん現地の方はHDBという公営住宅のような所で、
比較的安く住んでいるようですが、
若い人は複数人でシェアして住んでいる場合も多いようです。


◆イベント(スタートアップ系)
シンガポールのいいところは国際会議や、
ちょっとしたイベントがかなりたくさんあるということ。
sgentrepreneurs.comみたいなサイトを調べれば、
毎週どこかで何かのイベントが開催されています。

先日はSMU(Singapore Management University)で
スタートアップ系のピッチが聞けるということで行きましたら、
Nulabの田端さんがCacooに関するピッチをしており、
ほとんど日本人が登場しない場所で果敢に挑まれており、
これこそまさにSamuraiと一人感動していました。

ピッチ後のネットワーキングパーティー

こういうところに行くと、いろんな人(怪しい感じの人含む)に出会えます。
「あんたんとこはGoogle/AdMobと何が違うの?」と必ず聞かれます。
厳しい質問に答えつつ、とにかくネットワーキングしてます。

来週はNUS(National University of Singapore)にて、
似たような感じのイベントがあるようでそこに参加してきますぜ。


◆高島屋
オーチャードというエリアは日本の表参道と言われたりしているようですが、
ここには高島屋がありまして、クリスマスツリーの準備がもう済んでいました。

でかいっす。

常夏の国でのクリスマスがどんなものなのか、
個人的にはとても楽しみであります。


◆休日。
休日は何をしているかというと、寝るのは当然、外にも出てます。
TEDxSeeds2011に来たシンガポールの人たちが、
その報告会(facebookに飛びます)に近いものを開催しており、それに出席。
@takada yusukeがTEDxSeedsを代表して成り立ちなどをストーリーテリング。
なんでもそつなくこなすこの漢はホントたいしたもんだと改めて思いました。

しかも浴衣姿w


◆その他

就労時間について、業種、職種によるとは思いますが、
夕方6時30分頃に駅に行くとかなりの人がいるんで、
多くの人は定時か定義ちょい過ぎには帰っている感覚。

言語については、やはり中国系同士は中国語といったように、
言葉は使い分けているようです。まぁこれは当然ですかね。
ビジネスなり日常付き合いなり、
英語というのは一つのツールとして使われている様子。
中国語が使えるようになると、もう一歩コミュニティに入り込めるのかも。


以上でございます。