2011年1月15日土曜日

「茶道」について少し学びました。

「おもてなしの心」なのだなぁと実感しました。


※追記メモ

おもてなし、つまりどういうことかといいますと、
お茶で使う道具や、掛け軸、お花など、
すべてがその日おもてなしをする相手のために、
構成されているというのです。

だからこそ、おもてなしを受ける側も、
そのおもてなしに感謝した作法で対応をすると。

双方がこの「おもてなし」ということを、
理解できていないと成り立たないなぁと。
「おもてなし」を「おもてなし」と理解できるだけの知識といいますか。