2010年2月8日月曜日

映画 ラブリーボーンとアバター観ました。

2週間連続で映画いってきました。


1つ目はラブリーボーンです。

「感動超大作」と謳っています。

まぁ、確かに悲しい+感動で泣ける要素はたくさんあるのですが、
結構サスペンス的なヒヤヒヤする内容も多く、
感動映画を期待して行くとびっくりすると思います。

主人公が殺されるのが前提で暗いのですが、
絶望的に暗いのではなく救われる面もあるというか、
ともこのあたりは表現しにくい内容だなぁ。

死後の世界の描写が美しく、想像力が膨らみます。


2つ目はアバターです。

川崎のIMAX(3D)で観てきました。
これは言わずもがな圧倒的な迫力の映像です。
ジェームズ・キャメロンさん、あなたはすごいよ。

ちなみに、以下のような記事があります。

この記事を読んで、観に行こうと決断しました(笑)

まぁ鬱にはなりませんが、独特の世界観とそれを実現する映像、
そして(ある意味わかりやすい)ストーリー展開に引き込まれ、
2時間30分あっという間にすぎさってしまいました。

これはレンタルではなく、映画館で観た方がいいですよ!