2009年10月24日土曜日

【4日目】イスラエル・パレスチナへの訪問

最近体調がよろしくない小堤です。

最終日の4日目の報告です。
日別にすると結構時間かかっちゃいましたね。。。
一つの投稿で要点をまとめた方がよかったかもしれない。

--------------------

朝から車で移動しまして、JICAの活動を見学に行きました。
JICAのJERICHO(ジェリコ、イェリコ)での支援活動です。



現地では、ビニール栽培や農業の技術を教えていたり、
ゴミ処理場の運営を実施していたり、
トラックなどの重機を提供していたり、
土地を購入して企業がそこに進出して活動できる準備をしていたり・・・。
(→企業が全く来ていないので、その土地は全く使われていない。。。)
結構、色々たくさんやっていました。



うーん。箱より先に誘致するために何かできることがあったのでは・・・?
と批判的に考えてしまったりするわけですが。

最後は死海に行きました。
地理・歴史の教科書で見た死海を体験できたのは貴重でしたw



こんな感じで本当に浮かびます。
少しなめてみましたが、苦いくらいにしょっぱい。
足元には、握りこぶしくらいの塩の結晶が転がっていました。



全く波が無いので、向こうの山々が鏡のように映っています。
最初はイスラエルに来て死海も体験できるとは思ってませんでした。
テルアビブ、エルサレム、死海、観光資源が意外と多い。

--------------------

と、4日間分にわたって現地報告を書いてきましたが、
日本で聞く「危ない」というイメージとは、
違うイメージを皆さんに持っていただけましたでしょうか?

もちろん、今回の訪問先は安全な場所を選んでいるので、
当然といえば当然なのですが。ガザはもっと違うと思います。

現地の写真は僕のPCの中にたくさんありますので、
興味を持った方にはお見せしますのでご連絡下さい!

--------------------

最後のおまけ。
韓国の空港で晩御飯食べてきました。
日本円にして約600円かな。安い。

2009年10月21日水曜日

【3日目】イスラエル・パレスチナへの訪問


だいぶご無沙汰になってしまいましたが3日目です!

1日目、2日目とかなり重いコンテンツでしたが、
3日目はかなりゆるい感じのスタートになります。

まず訪れたのがテル・アビブです。
エルサレムと比較してこちらは都会です。
というか、リゾート地です。
下の海は地中海ですし。


2日間で、イスラエルのイメージは日本にいた時のイメージと
比較して完全に変わったわけですが、
テルアビブに来たときも「こんな場所あるの!?」と驚きました。


この海岸沿いにある建物の内側は以下のように、
レンガで固められていて中が迷路のようになっています。
いたるところに画廊があって、
アーティストな方々が自分の作品を飾っていました。


さらには、ホテルのトイレで勝手に着替えて、
砂浜に出て泳ぎ始めました。地中海、初体験でした。


スタッフの一人が言っていました。

「こういう日常が普通と思って生活していて、
 突然自爆テロが起こったら、
 されたほうとしてはたまらないよな。
 するほうにもその背景があったとしても。」

なるほど。
外国人である第三者として、自分は、
両方の視点を少しでも感じられたのだろうか。


さて、その日の夜は、

スタッフの方から、ガザの状況や、
こちらで実施しているプログラムについて説明を受ける。


日本では、事前にフェリシモさんから、
ハッピートイズをいただいていたので、
子ども達に渡していただくことになりました。

→全員でぬいぐるみと一緒に記念撮影(笑)

この日の夜も美味しいご飯を食べて、
みんなで水タバコを吸って、ホテルに帰りました。

なぜかホテルでは3人で酒を飲みながら語り、
イスラエルで2日連続で3時間睡眠という偉業を成し遂げました。

次の4日目が最終日になります。

日本の貧困率は15.7%


イスラエル旅行日記が止まっていますが、
3日目と4日目は近日中に更新しますので。。。

今日は厚生労働省が公表したデータについて。


今までは「ジニ係数」っていうもので、
経済格差については論じられてきましたが、
貧困率というかなりエグイ名前のものもあったんですね。

OECD諸国では数値が出ているようなので、
比較してどういう位置にいるのか全体像を把握したいですね。

2009年10月17日土曜日

wuauclt.exe のメモリ削減の件


またPCが重くなったので調べたら、

「wuauclt.exe」

がメモリを食いつぶしていました。

調べてみると、以下の記事が参考になりました。


ウェブ上には大抵の情報があるので本当助かりますね。

2009年10月15日木曜日

ウイルスバスターのTMBMSRV.EXEが原因でPCが激重くなる件。


学生時代から使っているので、
ついそのまま惰性で使い続けるのはよくないなと思いました。。。

ウイルスバスターの最新版をインストールしたら、
めちゃくちゃPCが重くなりました。

原因は何かと調べてみたら
「TMBMSRV.EXE」がCPU使いまくっていました。

そこで検索して、「Linuxを使いましょ
というブログを書いている方の記事のおかげで助かりました。

Realplayerとの相性が悪いとは。。。

何とか解決したので一安心。
みなさまにも共有しますー。

2009年10月12日月曜日

森永製菓さんのコーズマーケティング

イーココロ!の企画で、ピース・インタビューがあります。

こちらにて、森永製菓さんのコーズマーケティングについて、
お話を伺ってきたので、共有します。


【導入】
森永製菓と聞いて思い浮かべるものといえば、
「森永チョコレート」や「ダース」。
同社は “おいしく、たのしく、すこやかに”をビジョンに、
「世界の子どもたちに貢献できる企業」を目指している。

その森永製菓が、初の国産チョコレート誕生90周年をきっかけに、
チョコレートを1つ購入するたびに1円が世界の子どもの
教育活動支援に寄付される「1チョコ for 1スマイル」を開始した。

毎回寄付金額は1000万円を超え、
まさにチョコレートが世界の子どもたちの笑顔を生み出している。
このプロジェクトの概要や、今後の展開について、
担当の櫻木さんにお話を伺った。

是非、読んでみてください。

2009年10月7日水曜日

セカイカメラが面白い。


セカイカメラって、知っていますか?

iPhoneユーザーじゃないと使ったこと無いと思いますが、
なかなか面白いので、ご紹介。

簡単に言うと、iPhoneのカメラを通して、
いろんな人がいろんな場所につけた「タグ」を
みたりつけることができるものです。

詳細は以下の記事か動画を参照してくださいな。





実際使っていると、
タグが表示されるまでの時間が結構かかるのと、
一人でやっていると動画撮っているんじゃないかと
周囲から白い目で見られるのが辛いところですw


でも、こういうクリエイティブなアイデアっていいですね。

2009年10月2日金曜日

【2日目】イスラエル・パレスチナへの訪問

向こうから帰ってきて休み無しで今週働いたので、
さすがに疲れましたねー。
今日はぐっすり寝て休もうと思います。

-----
さて、2日目です。

最初の訪問先はJUST VISIONという団体。
イスラエルとパレスチナ双方の対話を促す場をデザインしたり、
映像をとってウェブ上で公開している。

↑JUST VISONのスタッフと関根さん

一番印象に残っているのが、
日本人がJUST VISIONに対して、
どんな手伝いができるのかという質問があったとき、

「私たち」を助けようと思わないでください。
サポートが必要なのは、現場の人達です。
私たちはチャネルに過ぎないのだから。

という返答があったことです。
市民活動の原点を垣間見た瞬間でした。
小堤の「アツい!」スイッチが入りました。

次に訪問したのが、G.ho.stという
イスラエル・パレスチナが共同で働くITベンチャー。


2人とも大手の会社出身だったり、
自分の事業を売却しているかなりのツワモノ。

事業を拡大して、雇用を生み出す!
ベンチャーマインドはかっこいいですね。


JUST VISIONとG.ho.stはアプローチは
全く異なりますが、両方とも必要不可欠だと思います。

傷つきあった双方の対話を促す場は必要ですし、
一方で、ビジネスの成長を目指して、共に働く場も必要でしょう。

次は、ホロコースト博物館「ヤド・バシェム(Yad Vashem)」へ。


ナチスによるユダヤ人虐殺の全貌がここでわかります。
時間がたりず、後半のほうはだいぶ飛ばしながらでした。

以前、カンボジアのトゥール・スレン博物館にも行きましたが、
そこでも感じたのですが、
「なぜこんなことができるのか」と
「じゃあ、当時、自分がその立場ならどうしているのか」
を行ったりきたりして考えてしまいます。


次は、西エルサレムの市場に行きました。

東南アジアの市場は海鮮系・野菜系など、
どちゃーっと広がってものすごい盛り上がりですが、
こちらにはだいぶ落ち着いた印象を受けました。

2日目にまわったのはこんなところです。
夜はホテルで皆で飲みました。
イスラエルにまで来て深夜まで飲んで3時間睡眠でした。

-----
1日目は衝撃的でしたが、
2日目はとても考えさせられた・頭を使った1日となりました。
(もちろん聞きなれない英語を半日聞いたのもある)

イスラエルとパレスチナは争ってばかりのイメージがありますが、
その側面ももちろんありますが、
一方でこのように未来に向けて活動を行っている人もいます。
JUST VISIONとG.ho.stの活動がもっと広がっていくことを祈ります。
僕は僕で、日本の課題に挑みたいと思います。負けてられない。
-----

さて、最後にオマケ。
以下のマンションは、いわゆる「億ション」。

エルサレム付近で最も高い建物でした。
誰が住むんだろうか・・・?