2009年9月30日水曜日

【1日目】イスラエル・パレスチナへの訪問


あまり時間がたってしまうと、行った場所を忘れてしまうので、
早めに少しずつこの場を通して報告していこうと思います。

日本では、向こうの危険なイメージしかないので、
現地を訪れた者の義務として、どういう状況なのか、
写真を交えながらお伝えできればと思います。

記憶をたどりながらなので、
数日後に若干修正入れたりするかもしれません。
この点、ご了承下さい。
----------------------------------------

旅立ったのは22日の火曜日のお昼。
韓国経由で、イスラエルのテルアビブ空港へ。
合計14時間の飛行機はしんどいです。。。

空港についてから、パスポートチェックがありましたが、
僕は観光客っぽいので(事実そうだが)すんなり通れました。
ただ、イスラエルに留学や何度か来ているスタッフがいたので、
彼女はなかなか通れず尋問され、結局5時間後に解放されたとのコト・・・。
しょっぱなからかなりビビりました。

僕らが拠点を置いたのは、
NEW PALM HOTELというホテル。

現地に着いたのが深夜だったので、
ホテルに到着したらすぐに皆休みました。
(尋問されたスタッフは、深夜にホテル到着。)
----------------------------------------

1日目。腹が減っては戦ができぬということで、まず朝食を。
ナンみたいなパンの中に野菜とか肉を挟みます。
これがうまい!ファラフェルという名前だったハズ。
「腹減るならファラフェル」と覚えました。














最初に訪問したのは旧市街。
イスラム教、ユダヤ教、キリスト教の聖地と言われています。
以下の写真はかの有名な嘆きの壁です。














ツアー客がかなり多くて、まさかここまで観光地化しているとは
思いませんでした(そんなのに関係なく、壁に向かって祈っている人達)。

かなりはしょりますが、次はベツレヘムへ行き、
市場や協会関係を見てきました。

その次は、ヘブロン。
パレスチナ側で、うちの社長の知り合いの知り合いの知り合い
当たりの人に色々案内をしてもらえました。

以下の場所では、イスラエル側と小競り合いがあったか何かで、
パレスチナの方が銃殺された事件があった場所。
この写真を拡大するとわかるのですが、
奥の木の方に兵士がいて、こちらを監視しています。
ここにお墓を立てようにも入ることができないそうです。














このような場所を複数案内してもらいました。
旧市街とは全く違う雰囲気に驚きました。
こんなに近い距離で緊迫している場所が存在しているとは。















スタッフの一人が言っていた「既成事実化」が印象に残っています。
少しずつパレスチナ側に入っていって土地を奪って、
ずーっといたかのごとく居座る。
これによって、既成事実化できるんだなと。
「ここは俺達の土地だ」と。

そして、以下は分離壁。
イスラエル側とパレスチナ側を分断する壁。
その大きさと分厚さに、何とも言えない、
重い圧迫感を感じずにいられませんでした。














その後、この壁を通るために検問所を通過します。
ここで、壁の内側に入って写真撮影をしていたスタッフは、
検問を通る際に、兵士にその写真を削除されてしまいました。

監視カメラで見ていたとのコト。
通常、旅行していて写真を消されるなんてことは無いので、
この場面でもかなり驚きました。


夜は、イスラエルの表参道的な位置づけの繁華街で
お食事をしてホテルへ戻りました。
こうやって1日目が終わります。















今、こうやって振り返ると、
初日から衝撃的な現実を見てきたんだなと、改めて思います。
現地では実感できていないことも、
帰国してから写真や動画を見ながら
自分がそのとき何を感じたのか振り返ると、
色々感じていたことが思い出されます。

僕の場合、すぐに感想が出てこないので、
こうやって振り返りながら意味を考えた方がいいタイプですね。
というか、イメージと現実とのギャップと、
場所が変わるだけでかなり違う現実を見せられるギャップ
の2つに脳の処理が追いついていないんですな。

それでは。

2009年9月27日日曜日

帰国しました


イスラエルより無事帰国しました。

どこにいって何を感じたかは、

また後日報告させていただきます!


とりあえずの報告でした。

2009年9月24日木曜日

イスラエルのホステルより


ども、小堤です。

こちらイスラエルのホステルです。

無線LANがつながるので、ブログ更新です。


とはいえ、眠いので、更新を終わります。

とりあえず、無事過ごしています。

2009年9月21日月曜日

イスラエル・パレスチナへ行ってきます。


明日、会社の仕事というか、現地の視察といいますか、
イスラエル・パレスチナへ行ってきます。

向こうでネットは全然つながるので、
ちょくちょくtwitterやブログで現地報告できればと思います。

しばらく携帯電話がつながりませんが、
日曜日の夜に戻ってきますので。

それでは、また。

Zoffのコーズなキャンペーン2


「Zoffのコーズなキャンペーン」という記事を書いた後、
新しく今度は、「わたし“メガネ”出すわ」キャンペーンを実施する情報を
キャッチしました。


この「わたし出すわ」という映画は、
完成試写会にお呼び頂き、結構前に観ていました。
この映画に絡めたキャンペーンを考えましたが
なかなか思い浮かびませんでした。


で、このZoffのキャンペーンです。
うまいなぁ。。。

「アイデアとは、既存の要素の組み合わせ以外の何物でもない」

という名言を思い出しましたよ。

2009年9月18日金曜日

寄付型商品(コーズマーケティング型商品)に関するアンケート調査

弊社でアンケート調査を実施したので、共有しますー。
今回は、Causebrand Lab.との共同調査です。



1.最も有名なコーズマーケティング型商品は、Volvicの「1L for 10L」
「寄付につながる商品(キャンペーン)」について理解度を調べたところ、「Volvic(1L for 10L)」で53.4%と、2位以下を大きく引き離して知られていることが明らかとなった。これは他の商品と比較すると、取り組みの歴史の長さやTVCMなどの実施から、このようなスコアになったと思われる。また、「知っているものはない」との答えが28.9%と、いまだこのような商品を知らない消費者が3割近くいることも明らかとなった。

2.商品を知った場所は、テレビ・店頭・インターネット
商品を知った場所は、「テレビ」が60.4%と圧倒的に高く、次いで、「店頭で見つけて」が37.5%、「インターネット」が35.7%となり、これらの場所が商品PRの場所として効果の高いことがわかった。

3.購入した理由は、寄付につながる方が良いから
コーズマーケティング型商品を購入した理由は、「似た商品を購入するなら寄付につながる方が良いと思ったから」が50.1%と最も高く、2人に1人はコーズマーケティング型商品を選んで購入していることが明らかとなった。

4.コーズマーケティング型商品で最も重要なのは、わかりやすい情報公開
このような商品で重要なことについて調べたところ、「情報公開(寄付金額や活動報告)をすること」が69.1%と最も高く、次いで「社会貢献につながっている様子をわかりやすく伝えること」が61.1%と、分かりやすい情報公開が強く求められていることが明らかとなった。

5.コーズマーケティングは、商品だけでなく企業のイメージアップにも貢献する
コーズマーケティング型商品を販売する企業について尋ねたところ、「良い印象」との回答が「悪い印象」との回答より高く、コーズマーケティング型商品が、商品だけでなく、企業のイメージアップにも貢献することが明らかとなった。

2009年9月17日木曜日

グローバル化ランキング。


「グローバル化ランキング」

なるものがあることを知りました。

スイスに「KOF」という研究所があって、
そこが発表している「KOF Index of Globalization」に掲載されています。

最新のランキングによると日本は70位。
 1位:ベルギー
 2位:アイルランド
 3位:ニュージーランド
となっています。


まぁ、
 ・何をもってグローバル化とするのか。
 ・グローバル化がいいことなのか。
という議論はあると思いますが・・・。

2009年9月14日月曜日

金融商品もコーズマーケティング?


小堤@目黒なうです。


仕事を通じてコーズマーケティング(寄付型商品)や、
社会貢献型商品についての調査を見たりしますが、
あんまり注目されていないのが、ワクチン債だったりします。

上記サイトだとよくわからないので、
ワクチン債の説明については、以下が分かりやすいです。


たぶん、あまり注目されない背景としては、金融商品ということで、
世の中的にどう定義したら良いのかわからないのかもしれない。
大手NGOは投資会社の寄付を受け付けなかったりするし。
あとは、僕のように投資するお金がないとか。(・・・お前と一緒にするなって??)


要約すれば、
途上国にワクチンを配布するために、お金を先に集める。
そして、その後は時間をかけて、寄付金から返却する。
ということなんでしょう。

ファンドレイジングの1つのツールとして、
債券を使うという手法なんですね。


お金を先に手に入れて、一人でも多くの命を救う。
既存の資本市場のフレームを活用したすごい方法だな。

マイクロファイナンスもあるように、
こういう途上国支援の場にどんどんファイナンスの概念が
入っていくんだなぁと実感しています。

こういうのが成立するのであれば、ムハマド・ユヌスが言うような
Social stock market(社会証券市場)の成立可能性も高いと思う。
※このあたりの説明については、cloudgrabberさんのブログを参照。

Zoffのコーズなキャンペーン

僕はメガネをかけているわけですが、
よく購入するのがZoffです。今のところ、3回連続です。

そんなZoffが、いつの間にコーズなキャンペーンを実施していました。


いらないメガネを持っていくと、1,000円分のギフトカードがもらえる。
そして、そのメガネはNPOに寄贈されて、メンテナンスされた後に、
途上国の必要な人の元へと届けられるという。

Zoffにとっては、イメージが良くなるのはもちろんですが、
Zoff以外のユーザーにも1,000円分のカードを渡せるので、
競合からユーザーをとってこられる可能性があるということで、
かなりメリットがあるキャンペーンなんじゃないでしょうか。

期間は7/25~8/31のようですが。。。

2009年9月9日水曜日

日経新聞にちょっと出ました。


本日、日経の朝刊に少し顔が出ましたw

例のTOEIC600点を目指す勉強会を主催している、
勉強カフェの紹介です。

最近結構、メディアに露出しているみたいですね。
社長!頑張ってください!!






2009年9月6日日曜日

四季の実 表参道店に行って来ました。オススメ!


最近、だいぶ涼しくなってきました。

さきほど、入り口のドアを開けたらコオロギがいて、
ピョンピョン飛んで逃げていきました。
(最初ゴキブリかと思ってびびりましたが。。)

秋ですねぇー。



さて、この土日の間に「四季の実 表参道店」に行ってきました。
僕がいつも読んでいるブロガーさんが紹介していたのがきっかけです。

相方と「あぶり餅」と「牛皮のなんたら(名前忘れた)」を注文。
定番のあぶり餅は、皮がかりっとしていて意外な触感。
そして中はもちもち&あんこが入っていてとても美味しい!!!

















オリジナルのフルーティーな日本茶も美味しかった。

しかも値段がかなりお手ごろで、
あぶり餅とお茶のセットが400か500円くらいだった。
表参道で2人で食べて飲んでも1,000円いかないのはすごい。






















内装もすごくキレイなんですよね。

こちら、かなりオススメです。
一度お試しあれ!

場所は南青山5-9-12です!!

2009年9月4日金曜日

グーグルの財務分析


この記事でグーグルの簡単な財務分析がされていました。

お恥ずかしながら、ネット業界にいながらにして、
グーグルがどんな財務状況なのか知らなかったので、
いい記事を見つけてとてもラッキーでした。

しかしまぁ、ものすごい成長速度ですね。
売上220億ドルってなんですか。
しかもその大半がAdwordとAdsenseというのだから驚き。


まぁ、個人的に一番気になったのは、
キャッシュフローの解説にある
マトリックス図に出てくる謎のキャラなわけですが。


自分が気になった記事をネタにすると、
ブログの更新も続くなと思いました。

2009年9月1日火曜日

寄付と募金の違い


たまには、本業系のネタでも。

普段あまり意識して使い分けることがない
「寄付」と「募金」という言葉ですが、
googleで「寄付 募金 違い」で検索すると、
Q&Aコミュニティでのやりとりがたくさんでてきます。

【募金】広くお金を募るということ
【寄付】募金に対してお金を提供する行為

上記のような定義は全くその通りで、なるほどと思います。
漢字から意味を再考するのって、大切ですよね。


さて、以下は、僕がとある大手NGOの方に聞いた定義です。
これは寄付税制に焦点を当てると、とても納得のいくところです。

【寄付】領収書発行の対象となるもの
【募金】不特定多数からのお金であるため領収書が発行されない

寄付先が、特定公益増進法人や認定NPO法人であれば、
損金算入ができるので、
領収書に関して慎重にならざるを得ないからでしょうね。
(まぁ、寄付も匿名寄付であれば、不特定になってしまうわけですが。)


僕は上記NGOさんの定義を意識してお話しています。
人によって切り口が異なってくるのは面白いと同時に、
ちゃんと両者の違いを認識しないと危ないなぁと思う今日この頃です。