2009年9月14日月曜日

金融商品もコーズマーケティング?


小堤@目黒なうです。


仕事を通じてコーズマーケティング(寄付型商品)や、
社会貢献型商品についての調査を見たりしますが、
あんまり注目されていないのが、ワクチン債だったりします。

上記サイトだとよくわからないので、
ワクチン債の説明については、以下が分かりやすいです。


たぶん、あまり注目されない背景としては、金融商品ということで、
世の中的にどう定義したら良いのかわからないのかもしれない。
大手NGOは投資会社の寄付を受け付けなかったりするし。
あとは、僕のように投資するお金がないとか。(・・・お前と一緒にするなって??)


要約すれば、
途上国にワクチンを配布するために、お金を先に集める。
そして、その後は時間をかけて、寄付金から返却する。
ということなんでしょう。

ファンドレイジングの1つのツールとして、
債券を使うという手法なんですね。


お金を先に手に入れて、一人でも多くの命を救う。
既存の資本市場のフレームを活用したすごい方法だな。

マイクロファイナンスもあるように、
こういう途上国支援の場にどんどんファイナンスの概念が
入っていくんだなぁと実感しています。

こういうのが成立するのであれば、ムハマド・ユヌスが言うような
Social stock market(社会証券市場)の成立可能性も高いと思う。
※このあたりの説明については、cloudgrabberさんのブログを参照。